IMG_7051.jpg
毎朝、ケージから出して自宅周りを運動させてるんだけど・・・ある程度満足すると、このようにリラックスして休んでる時に、頭や首筋や背中をやさしく撫でてやるとすごく喜んでくれる。。。IMG_7048.jpg
玄関前で何かに興味をもち、注意深く観察している。好奇心旺盛なのだ。
IMG_7049.jpg
さてどこに行こうかな・・・
IMG_7053.jpg
ここがルイのトイレだ。ちゃんとここにしてくれるので掃除が楽だ。
スポンサーサイト
2018.06.19 Tue l うさぎ l コメント (0) l top
IMG_7032.jpg

IMG_7033.jpg

IMG_7031.jpg

毎朝、このように自宅の敷地内を俺の監視のもと、「うさぎ」のルイを遊ばせている。まあ、放っておいても必ず戻ってくるが、近くの草むらに入り込むと、訳のわからない植物の小さい種が毛の中に入り込み、排除するのに毛をカットしたり、苦労した事があるし、
特に怖いのがマダニ・・・これが入り込むと皮膚病になってしまう。それに放し飼いにすると嬉しくて近隣の家の敷地内に入り込んでしまい、花などを食べてしまうのだ。せっかく大事に育ててるのに迷惑がかかるので、必ず遠くへ行かないように監視しているのだ。
2018.06.09 Sat l うさぎ l コメント (0) l top
IMG_7030.jpg
この写真、俺の腕の先端部分なんだけど、「うさぎ」のに昨日やられたものだ。
「うさぎ」はけっして攻撃的な動物ではないが、嫌がるのに無理やり、抱っこしたりすると拒否し、爪を立てながら体をくねくねさせながら暴れるのだ。こう言う時は無理やりに抱っこをせず、「うさぎ」の機嫌が落ち着いてから、抱く前に「頭」「背中」などを優しく手でなでてからやると安心して、おとなしく抱く事が出来る。そんな事は解っているが、抱っこした後、ケージに戻す時に勢いよく飛び出す時、抱かれた腕を踏み台にして思いっきりジャンプしながら戻る習性があるのだ。
その時に長袖を着ていれば直接接触しないのでこんなにはならないが、最近、暑い日が続いているので、半袖だとこのようになってしまう確率が多くなるので、注意しないといけない・・・
まあ、戻し方にもよるが、長袖を着ている方がベターだ。爪を切るのも良いが、嫌がって切らしてくれない、専門家にお金を払ってやってもらう手もあるが、ずっと伸び続けるので、今日はレッグウオーマーを腕に付けて世話をしたら大丈夫だった。飼う時に小さな子供は特に注意した方が良いと思う。ある程度成長した「うさぎ」の爪は扱い方によってはちょっとした凶器になる。
2018.06.06 Wed l うさぎ l コメント (0) l top
IMG_20180522_0002.jpg
昨年末、生まれた「うさぎ」の赤ちゃんがとても可愛かったので、今年の1月に桐生市、みどり市を中心とするタウン誌(約6万部)
タウン わたらせの「ペット自慢」のコーナーにダメ元で投稿したところ、4月頃に掲載してくれるとの事で、昨月、約束通り掲載された。まだ、この頃はご覧のように手のひらサイズだった。
IMG_7019.jpg
あれから約半年経ち、順調に育って、今では上の写真のように大きくなり、自宅の庭を元気で走りまわっている(今日撮影)
2018.05.28 Mon l うさぎ l コメント (0) l top
F1000021.jpg

F1000022.jpg

F1000025.jpg
生まれてから約半年、「うさぎ」のルイはご覧のようにすくすく成長している。
いつものように夕方、ケージから出して自宅周りを
遊ばせた。以前は携帯のカメラを向けて撮ると、シャッター音に反応して、すぐ逃げてしまったが、
このようにカメラ目線で撮れるようになった。まあ、かなり人間に慣れてきたみたいだ。
餌もチモシー(牧草)やペレット状のラビットフードの他、フルーツのリンゴ、パイナップル、バナナ、それにパンやキャベツ、レタス、ブロッコリー、タンポポの葉や花等、ネットで調べながら、出来るだけ栄養バランスを考えて与えている。俺もきちんと健康管理には気を付けなくては・・・(笑)
F1000018.jpg
オマケに裏の畑に確かアヤメだと思うが・・・綺麗に咲いていたのでパチリ1枚!
2018.05.01 Tue l うさぎ l コメント (0) l top
(*゚Q゚*)IMG_6972.jpg
午前中はお袋の施設のイベントに参加し、午後市内に用事があるので車に乗り込み、エンジンをかけたら、
まだ4月なのに、夏日みたいな気温で・・・なんと?!
外気温が30℃!と表示されてた(*゚Q゚*)エアコンを付け出発しそうと思ったが、「うさぎ」が心配なので、家の中から扇風機を取り出し「ルーク」「ソラ」「ルイ」のケージの前に送風しておいた。(写真下)IMG_6974.jpg

IMG_6973.jpg

まあ、ケージには直射日光はあたらないので、おそらく大丈夫だとは思うが・・・何もしないよりは良いと思う。今後、「うさぎ」の体調を見ながら対処したいと思う。
2018.04.22 Sun l うさぎ l コメント (0) l top
F1000008.jpg

今年の1/30のブログで、また「うさぎ」が8匹生まれたと書いたが、またまた生まれてしまった。
すげえ繁殖力だ!だ。
今度は6匹で、現在の体長は約15㎝ぐらいかな・・・里親はまだ決まってないが、欲しいという人が数人いるので、なんとか大丈夫だと思う。でも本音を言うと・・・
こんな可愛い奴らを手放すのが、さみしい気持ちでいっぱいだけど・・・本当に可愛がってもらえるなら、うちではもう飼えないし・・・
譲った人を信じて託すしかないね(笑)
2018.04.11 Wed l うさぎ l コメント (4) l top
IMG_6891.jpg
昨年末に生まれた「うさぎ」のルイはすくすく育っており、ご覧のように、だいぶ大きくなったし、もちろん体重も増えている。未だに抱っこが出来るように人間に慣れさせた。少なくても毎日朝晩はこのように抱いている。もうほとんど大人の大きさに近い・・・
IMG_6892.jpg

IMG_6895.jpg

IMG_6896.jpg

IMG_6898.jpg
最近は、ケージから出して、運動の為、俺が監視のもと、約30分ぐらい
放し飼いにしてやるが、自宅の庭や、ガレージ付近をジャンプしたり、走ったりしてるけど、遠くにはいかないし、ケージに戻すときも俺の近くに自然に寄ってくるので楽だ。とても可愛い奴で、もうメロメロ状態だな・・・(笑)
2018.03.31 Sat l うさぎ l コメント (0) l top
F1001151.jpg
昨年末に生まれた「うさぎ」のルイはすくすく育っている。(写真)
体長も約3倍
までになったが、写真は寒さを防ぐため体を丸くしてるんで、大きさは伝えられないが・・・
うちで飼ってる「うさぎ」はライオン・ラビットと言う、けっこう珍しい種類、生き物に値段は付けたくないけど、なんでも買うと高いそうだ。
ライオン・ラビットとはふわふわな毛と短い耳が特徴があり、まるでライオンの姿に似ている「うさぎ」の一種、たいていが長い耳というのが一般的だが、このライオン・ラビットに関しては他の種類とは異なり、短い耳と名前の由来にもなった飾り毛が最大の特徴。
元々はベルギーで生まれ、飼われるようになって日は浅いが、ここ数年は日本でも飼われることが増えてきたそうで・・・そんな素敵な「うさぎ」の種類なのだ。
これからも出来るだけ大事に育てていくつもりだ。。。
2018.03.02 Fri l うさぎ l コメント (0) l top
F1001109.jpg

昨年末、初めて生まれた「ルイ」はすくすく育っており、
体長が約2倍になり、毛がグレーっぽく
なってきた。俺が抱けない時は、娘がこのように(写真)代わりに抱いている。
もうかなり人間には警戒心はもたなくなってきているが、
ちょっと油断すると、すぐ脱走してしまうので、注意が必要だ。最近ようやく「うさぎ」専用の棒状のビスケットが食べられるようになったので、毎朝、両親である「ルーク」と「ソラ」と同じ時間に与えている。
2018.02.06 Tue l うさぎ l コメント (0) l top