FC2ブログ
911tero.jpg

ディーラーにパーツ交換に行き、終了のサインと日付を書いた時ふと気がづいた。
そうだ!今日は9月11日2001年に起きたアメリカ同時多発テロ事件 Wikipedia参照からちょうど17年が経ったのか・・・
いや~旅客機がビルに突っ込んだ当時の映像はとてもシュールに見えて、まるで映画の1シーンみたいで信じられない光景だった。
俺はその時思った戦争が始まるぞ!まあ、その後、予想通り、報復措置で戦争は起きた。
その当時、俺はラジオの投稿に燃えてた時で、翌日この事件の事を投稿しリクエストをしたら採用されたが、後で知った事だが、アメリカでは事件後の放送自粛曲だった。
John Lennon - Imagine YouTube
スポンサーサイト
2018.09.11 Tue l 思い出 l コメント (0) l top
10636000010.jpg

歴史で「たられば」はないが、もし戦国時代に終止符を打ち、天下統一を果たしたであろう人物は
徳川家康ではなく、多くの人が、おそらく武田信玄 Wikipedia参照であろうと思う人が多い、俺もそのうちの一人である。
しかしながら彼は志半ばで亡くなってしまった。彼は沢山の格言を残しているが、まあ、一番有名なのが、
人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり
だろう。。。
意味はと言うと、どれだけ城を強固にしても、人の心が離れてしまえば世の中を収めることができない。
熱い情を持って接すれば、強固な城以上に人は国を守ってくれるし、仇を感じるような振る舞いをすれば、いざという時自分を護るどころか裏切られ窮地にたたされるという事だ。まあ、今の世界のトップリーダー達に聞かせてやりたい言葉だけど・・・聞く耳なんて持たないだろうね(T_T)
2018.08.30 Thu l 思い出 l コメント (0) l top
Luna-Park.jpg

161216wt04-1.jpg

4f2fd689df8cad2636e90fc35500649a.jpg

今日のテレビで「坂上指原つぶれない店」があり、その中で群馬県前橋市にある
るなぱあく Wikipedia参照が紹介された。1954年に開園した遊園地だ。(なんと!俺が生まれる前から存在していた!)約20年前ぐらいかな・・・うちの子が幼い頃から、地元では知る人ぞ知る遊園地で、とにかくレトロな雰囲気で、アトラクションがみな安くて、お財布に優しくて人気があったが、最近ではその噂が広まり、他県からの来園者が倍増して、なんと現在は年間170万を超えるまでになった。
まあ、3歳ぐらいの幼児が対象で、遊園地デビューの練習場になってるみたいだ。
俺もおすすめの遊園地である。。。

2018.08.12 Sun l 思い出 l コメント (0) l top
02251424_530c290f9117b.jpg

ec44fffb7bb8c90786765cf87eacb0d7.jpg

food_tamagoyaki.png

昭和40年前半~45年頃、その時の文化を背景にして誕生した流行語になった
巨人・大鵬・卵焼き Wikipedia参照
どっぷり俺の小学校時代にはまってしまった(笑)「野球は巨人」「相撲は大鵬」「食べ物は卵焼き」・・・まさしくその通り、その当時の子供達のほとんどがそうだった。特に俺は野球が好きだったので、長嶋・王選手が現役で活躍してた時代で、当時の帽子は巨人のものがほとんどで、俺もずっと巨人のものを愛用してた。相撲はそこそこ見ていたが、やはり大鵬が圧倒的に強く、人気があった。卵もそれまでの高級品から、庶民でも買えるようになり、俺も大好物でいつも食べていた。今このような言葉を作るとしたらどのような言葉が当てはまるだろうか・・・あまりにも娯楽も食べ物も選択枠が多すぎておそらく絞り切れないな・・・
俺たちが小さい頃に想像してたより、はるかに多様化して、とんでもない時代がきたもんだな(笑)
2018.07.25 Wed l 思い出 l コメント (0) l top
20110609195703-50375-APOLLO-11.jpg

1969年7/20アポロ11号 Wikipedia参照によって人類が初めて月面に着陸した日だ。ちょうど明日で49年目になる。確か俺が小学校5年の時だ。テレビに釘付けになり、必死になって見てた思い出がある。
感動した俺は上の写真のアメリカからの輸入品のプラモデルを両親にねだり、買ってもらった。当時の記憶では相当高価なものだったと思う。
今でも両親には感謝している。
ries-crater-museum.jpg

昔の事で記憶が曖昧だが翌年の1970年、小学校6年の時、俺は日本で月の石を見た事がある。これは本当の話・・・場所が曖昧だが、おそらく・・・そろばん塾で遊びに行った東京の豊島園の期間限定の企画展だったと思う。写真はネットで探して一番記憶に近いものを選んだ。もう一回り小さくて、色が黒みがかったような記憶があるのだが・・・
とにかく幼心に宇宙の神秘みたいなものに「憧れ」と「夢」を描いていた事は事実だ。
大人となった今でもその思いは変わらない・・・
2018.07.19 Thu l 思い出 l コメント (0) l top
WS000028.png

現在、学校のクラス名簿を作るとすれば「エクセル」または「ワード」等を使えば手書きをせず、住所、氏名、職業、電話番号等、効率的に個人情報なんてあっという間にきれいに整然と作成できるが、
俺が小・中学校の頃はそんな便利なものはなかった時代で、アナログ的に手書きか、もしくは印刷屋に頼んでクラスの名簿を作っていた。
そもそも、俺が小学校低学年の頃は、電話が各家庭にあまりない時代で、〇〇様方なんて近所の電話のある裕福な家庭の番号を緊急の連絡先として記入してた生徒が多い時代だった。

今は個人情報の保護の関係でクラス名簿そのものを廃止してる学校がほとんどだろう。まあ、時代の流れで、あまり個人情報を知られてしまうと、いろいろと問題が生じるのは事実だ。な~んか寂しい時代になったものだ。
2018.07.15 Sun l 思い出 l コメント (0) l top
reading_boy.png
まあ、俺は読書家とは奥がましくて言えないが、大学時代は単位習得の為、もちろん授業に出て勉強はしていたが、せっかく多くの自由な時間を親から与えてもらったので、出来るだけ本ぐらいは読もうと思っていて、当時の普通の学生よりは読書はしてたと思う。
そして就職し、仕事の合間(昼休み、出張時の電車内)や帰宅後の寝る前に、20代後半頃から30代後半頃の十年間、ジャンルに関係なく猛烈に本を読み漁った。それこそ時代小説の池波正太郎、山岡荘八をはじめ、小説では五木寛之、筒井康隆、志茂田景樹、他多数、ハードボイルド作家の北方謙三や、江戸川乱歩、野坂昭如、小沢昭一、瀬戸内寂聴、坂口安吾、夏目漱石、川端康成、芥川龍之介、変わったところで、DJサリンジャーの短編小説、あとはビジネスのハウツー本など、貪欲に取り組んだ。何故かと言うと、25歳頃、ある書物の中で読んだ、こんな事柄が妙に気になってたからだ。
「猛烈に十年間読書をすると、次の十年間は劇的に人生が変わる」
と書いてあった事がきっかけだった。まあ、そんなに劇的ではないが、その後の十年間「ラジオの投稿」や仕事の「プレゼン」や「レポート」等にすごく役立った。多くの作家の文章を参考にする事によって、主張?意見?表現力?文章力?文脈?うまく言えないが・・・自分の思った事が第三者にわかりやすく書く事が少なからず真似出来るようになった事だ。現在は若い頃みたいに、パワーがないので読書量はかなり減ってしまったが、直木賞、芥川賞等の話題の本は無料で読める図書館から借りて読んでいる。今の若い人たちは本離れが深刻だが、出来るだけ本を読んでもらいたい・・・ネットは何でも必要な情報は瞬時に得られるが、
あとには何も残らない言うのが正直なところだろう。でも本は一冊読み終わると必ず何かしら得るものがあるのだ。ひょっとしたら人生を変える影響力を持っている本とめぐり逢う事が出来る事もある。昨今、本屋が潰れてしまうのが、寂しくてたまらない・・・
2018.06.24 Sun l 思い出 l コメント (0) l top
image_history01_04_large.jpg
まあ、この人誰?!って言うのが正直な感想だと思う。昔は俺もまったく知らなかった。でも小学校からの友人が熱心なファンで、この人の事ばかり、熱く語っていたのを思い出す。彼の名は桜井眞一郎 Wikipedia参照と言う人だ・・・
日産スカイラインの初代から七代目までの開発責任者だ。「ミスタースカイライン」「スカイラインの父」などと言われている。俺も昔はスカイラインは憧れの車で特に五代目の「ジャパン」は特にお気に入りの車だった。その友人は優秀で某大学の工学部を卒業し、日産にエンジニアとして入社した。
それから数十年後、彼と俺が43歳の時、日産が経営不振で社長が2001年カルロス・ゴーンになり、
21000人の早期退社、リストラを実行、赤字の工場などを閉鎖し、大改革を実行し、その友人は結局はリストラされてしまい、心半ばで退社した。以前はよくその友人が桐生に帰って来た時には一緒に飲みにい行っていたが、それ以来、連絡はこなくなり、今はもう数十年会ってない・・・なんでも風の便りで産業廃棄物を扱ってる会社で働いていると言う。だからスカイラインを見る度、彼の事を思い出す。人生いろいろあるけれど、また連絡をくれて、昔のように飲みに行きたいなものだ。。。
2018.05.02 Wed l 思い出 l コメント (0) l top
201201_27_30_b0065730_18332932.jpg
確か、俺が小学校3~4年の頃だと思うが、シール収集が校内で爆発的に流行ってた。
いろいろな種類のシールを集めていたが、その頃、ミニカーも流行ってて、その流れでシールの中でも車のものが特に人気があった。そのなかでも(写真)の日産R-380 Wikipedia参照のシールを持ってる事が、当時のステイタスであり、俺も必死で手に入れた思い出がある。この車種の型番を約半世紀も覚えているなんて。当時は相当夢中になっていたんだろうな・・・でも実物の画像を見たのはここ最近なのだ。その頃はイラストのシールのみで、インターネットがなかったら、けっして見る事はできなかっただろう。文明の力の有難さに感謝(笑)でも、この車、今見てもすげえカッコイイよね・・・いったい値段をつけると、いくらぐらいになるのだろうか?まあ、少なくても数千万はするだろうな・・・
2018.04.17 Tue l 思い出 l コメント (0) l top
103-0332_IMG.jpg
この写真、初めてデジカメを買った時(2002年頃)に撮ったもので、200万画素しかなかったけど、写りはまあまあで、ブログに載せるには十分だ。当時、グリコのキャラメルのおまけに、ご覧のような精巧に出来ている「鉄人28号」「HONDAのカブ」「フェアレディZ」「バス」「テレビ」など・・・
昭和の匂いがプンプンするオマケ欲しさに、キャラメルを大人買いしていた(笑)その後も買い続け、同じオマケもたくさんあったが、結局この2倍ぐらいの種類を集めて止めた。
引っ越しの時どうしようか迷ったが、オマケのクオリティーがすごく高かったので、処分せず、今でも自分の部屋に飾っている。
2018.03.26 Mon l 思い出 l コメント (0) l top