maxresdefault.jpg

先日、YouTubeでいろいろな音楽動画を見ていると・・・偶然JAYWALKの演奏がはじまった。
グループ名とボーカルの中村耕一の顔(誰だか分らなかったのでネットで調べた)は知っていたが、ほとんど聴いてないバンドだ。
スルーしようかと思ったが、エレキギターの入り方が、すげえかっこ良かったので耳を奪われた・・・
「あれっ?!この曲以前に聴いた事があるぞ」と思い・・・聴き入った。どこかのライブハウスの演奏でファンの人達のすぐ近くで歌っている。
何も言えなくて~Winter Version~ / JAYWALK YouTube
確かに何回かはテレビでちょっとは聴いた事はあったが・・・フルで聴いてみて、遅ればせながら、こんな素晴らしい曲だったのか!!!
年のせいなのか、涙もろくなり、何故かこの曲に久々に大感動してボロボロ泣いてしまったのだ(笑)詞・曲も抜群に良い・・・
何よりも中村耕一のボーカルがぴったりな大人のラブソングだ。
この曲、絶対日本の音楽史に残る名曲だと思う。。。
スポンサーサイト
2018.07.20 Fri l 音楽 l コメント (0) l top
A1OgtUoT7SL__SX355_.jpg

昨月6/27発売の宇多田ヒカルのニューアルバム初恋をレンタルしてきた。
新作なので明日返却しなければならない・・・できれば購入して、歌詞をじっくり確認しながら聴きたかったが、懐がさびしいので、CDをコピーしてじっくり聴こうと思う。まあ、ネットで歌詞は後日確認できるので・・・とりあえず一通り聴いてみた。

1999年デビューアルバム「First Love 」は衝撃的だった。あれから約20年たったが・・・今度は日本語で「初恋」か・・・
最近の彼女・・・凄く綺麗になり、大人の女性になったと思う。やはり期待通り、一回聴いただけでも、その曲のセンスの良さは抜群に良い・・・さっそく明日から車の中で鑑賞したいと思う(^^♪
2018.07.16 Mon l 音楽 l コメント (0) l top
IMG_7104.jpg

もう42年前に買ったヤマハのエレキ・ギター(写真上)フェンダーのストラトキャスターのコピー品だ。アコギはハードケースに入れて部屋に常時置いてあり、いつでも弾ける状態できれいだが、エレキは1弦が切れたまま、ハードケースに入れず、約2年、倉庫にほったらかしにして置いたので、埃まみれになっていた。またちょっといじりたくなったので、新しく弦を買い、チューニングをし、きれいに掃除をして、ギター・ポリッシュをボディーにつけて磨きあげたら、見違えるようになった。まだまだちゃんとアンプから音が出るぞ(笑)
今度はちゃんと専用ハードケースに入れておこう。。。

IMG_20180713_0001.jpg

専用ハード・ケースを掃除していたら、備品入れの中に、こんなタグとハガキが出てきた。ギター本体(ハード・ケースは別)その当時¥40,000もしたんだね・・・
もっと安いのかと思った。一時期大学生の頃、埼玉県に住んでいたので、川越市の「丸井」楽器売り場でカード・ローンで買ったのは覚えている。
電話番号が0101だもんね(笑)まあ、とにかくギターは一生物なんで大切に扱っていこうと思う(^^♪
2018.07.13 Fri l 音楽 l コメント (2) l top
71pUZisIptL__SY355_.jpg
初めて彼を知ったのは21歳の時だった。ただ単に彼のアルバムが音楽雑誌の推薦版だったので、なんの先入観を持たずに買ってしまった。いわゆるジャケ買いである(写真上)
J.Dサウザー Wikipedia参照このアルバムが凄く良かった。
特にタイトル曲のYou're Only Lonely  YouTubeはロック史に残る名曲だと思う。それにこの人・・・イーグルスや数多くのアーティストに曲を提供している。メロディーメイカーとしては凄いと思うが、彼自身のボーカルだとこの一曲しか代表作がない、言葉は悪いが
一発屋みたいな存在かな・・・それに昔は数多くの美人女性と浮名を流しており、かなりのプレーボーイだったらしく、音楽よりもそちらの方で有名になった感じかな(笑)とにかくモテたらしい・・・でも未だにこの曲はラジオやFMでもリクエストが絶えないし、きっと・・・ず~と聴き続けられていくんだろうな・・・
2018.06.14 Thu l 音楽 l コメント (0) l top
41WFKJSYY2L.jpg
この画像、1973年に発売されたE・L・P Wikipedia参照
(エマーソン・レイク・アンド・パーマー)のアルバム
恐怖の頭脳改革 Wikipedia参照のジャケットである。当時はもちろん、今見ても何か
不気味な絵である。俺が初めて聴いたのは高校1年の時だった。部活の先輩が彼らの大ファンでカセットテープにコピーしてもらった。(その後レコードを購入)
その当時プログレッシブ・ロック
が流行っていて、E・L・Pはその中でもトップクラスのグループだった。最初聴いた時はそのサウンドにかなりショックを受けた。今まで聴いた事ない音楽、ギター中心ではなくキーボード中心な斬新な曲、すっかり俺もファンになってしまった。その後ピンク・フロイド他なども聴くようになった。今聴いても全然色褪せない計算されたサウンド、今の若い人たちにも是非聴いてもらいたい1枚である。
YouTubeで一部が聴けるので興味のある方はどうぞ・・・
恐怖の頭脳改革 YouTube



2018.06.11 Mon l 音楽 l コメント (0) l top
Pat_metheny_orch2.jpg
俺が大学3年の時、ジャズの専門の月刊誌スウィング・ジャーナル(現在は廃刊)を読み始めた頃だった。必ず読者向けの推薦レコードのコーナーがあり、当時はネットなんかなく、音楽情報を得るにも苦労してたが、大体、世界(アメリカ中心)の新譜の情報はここから得ていた。ジャズの専門家が聴いてこれは素晴らしいと言うものが選別されてるんで、まあ、サウンドの好みはあるが、ほとんどハズレた作品がなかった。そこで知ったのが
パット・メセニー Wikipedia参照だった。彼は13歳の時独学でギターを始め、その実力が買われ、
18歳で名門バークレー音楽大学の講師に抜擢された、ギターの天才と紹介されていた。
その時、初めて彼のレコードを買ったのが、1979年発売(アメリカン・ガレージ)
Pat Metheny Group - American Garage YouTube(フル・アルバムで聴けるよ)だった。
なんて透明感のある音色なんだろう!
今まで激しいロック調のギターサウンドを中心に聴いてた俺にとって、かなりショッキングな作品だった。
まさしくレコードジャケット通りのサウンドに見事なまでに仕上がってる。
これは凄いギタリストだと感銘を受け、それ以来、有名ミュージシャンのレコーディングに彼が参加する関連作品を買いあさり、今では数える事が出来ないぐらい所有している。

実は昨日、FM放送で松任谷由実がパーソナリティーを務める番組で、彼の特集をやっていて、久々に聴いたのが、このブログを書くきっかけとなったのだ。彼女も彼のギタープレーの大ファンで昔から聴いていたと言う。俺にしてみればすごく意外だったけど、同じ思いを感じてくれててとても嬉しかった。
まあ、彼女もプロのミュージシャンだから彼のギターを高く評価するのは当たり前だけどね(笑)
2018.05.26 Sat l 音楽 l コメント (0) l top
e0042361_2218455.jpg
まあ、女性三大ジャズボーカリストと言えば、ビリー・ホリデイ、サラ・ヴォーン、エラ・フィッツジェラルドで、三人とも好きだが、俺はちょっと変わったところで、「ヘレン・メリル」が一番好きかな・・・
特に写真のヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウンは一生聴き続けるくらいに名盤だと思う。このアルバムを知ったきっかけは、トランぺッターのクリフォード・ブラウンの大ファンだった俺が、関連するアルバムを買いあさっていて、巡り合ったもの・・・なんていうか・・・彼女の個性的なハスキーなボーカルがなんとも言えず・・・大好きになってしまったのだ。彼女のファンの間ではその歌声に対して・・・
ニューヨークのため息と称されている。俺は西海岸は行った事はあるが、東海岸のニューヨークには行った事はないが、なんかすごくピッタリな感じがする。クリフォード・ブラウンもとてもいい音出してるし・・・1954年の作品だが、今の若い人たちにも聴いて欲しいアルバムである・・・

Helen Merrill with Clifford Brown / You'd Be So Nice To Come Home To  YouTube
2018.05.12 Sat l 音楽 l コメント (0) l top
img_0.jpg
写真は言わずと知れたクラシック界の名指揮者の
ヘルベルト・フォン・カラヤン Wikipedia参照
簡単にカラヤンと言えばおわかりだろう。昔、何かの雑誌で知ったんだけど、
ある時期から、彼を撮影する時は左側からにしてくれと、本人から強いリクエストがあったそうで、レコードのジャケットもほとんどが左側からの撮影が多い、想像するに彼が左側から撮った方が自分がカッコよく写る事を発見したのではないか?と思っている。真相はわからないが(笑)
俺は皆さんが想像してる以上にクラシック音楽を聴いている。
有名どころはもちろんだが、一番好きなのはバッハで、早朝聴く事が多いかな・・・
所有してるCDはすべてカラヤンの指揮したものだが、
ある日、彼以外の指揮したバッハを聴いた時に衝撃を受けたのだ。
「こんなにも指揮者で演奏が変わるものなのか!?」
同じ交響曲なら、大した差がないと思っていたんだが、全然違っていた・・・俺の耳がカラヤンに慣らされてたんで、その素晴らしさや技術に・・・情けない話だがようやく気が付いたのだ。なんていうか・・・うまく言えないけど・・・コンマ何秒かの楽器が出す音のタイミングが違う・・・テンポも微妙に違う・・・おそらく彼が演奏者にアイコンタクトやタクトで指示を出しているんだと思うが・・・もっとクラシックに精通した人ならうまく説明出来るだろうが・・・
俺はこれくらいしか言葉では表現できないが、カラヤンって改めてすげえ奴だったと思う!
世界的評価を受けるのも当然だ。。。
クラシック音楽の素人みたいな俺でも違いがわかる彼の凄さに感銘を受けたのだ。

YouTubeで俺が愛聴してるカラヤン指揮のCDがフルで聴く事ができるので、興味のある方は聴いてネ。。。
ちょっと長いけど・・・(笑)ちょっとした作業のBGMにはぴったりだよ・・・
アダージョ ベルリン・フィル・ハーモニック・オーケストラ カラヤン指揮
2018.05.05 Sat l 音楽 l コメント (0) l top
800px-Ax10akb18.jpg
まあ、説明しようもないぐらい国民的アイドルだったAKB48・・・俺には遠い世界のアイドルで、何の関心も持っていなかったが、前田敦子、大島優子、指原莉乃、渡辺麻友、高橋みなみ、篠田麻里子ぐらいはテレビの露出も多いし、話題にもなったので不思議と名前と顔も覚えてしまった(笑)それに好きな曲もある「ヘビーローテーション」「フライングゲット」なんて良いし、
特に恋するフォーチュンクッキー YouTubeは最高だな・・・車に乗ってて、この曲がかかると思わず口ずさんでしまう自分がいるのだ(苦笑)
ちなみに俺が一番好感が持てるというか、単純に好みの問題だが横山由衣が好きだな・・・公言するのがちょっと恥ずかしいけど・・・この子・・・おそらく年を重ねる度に内面から出る、魅力的な女性になるって感じたからさ(笑)
2018.05.01 Tue l 音楽 l コメント (0) l top
ozone01.jpg
今日の新聞で紫綬褒章が各分野で活躍した28人が選ばれた。まあ、一番有名なのは
フィギュア・スケート金メダル連覇の羽生結弦なのだが、
ジャズ・ピアニストの小曽根真 Wikipedia参照も選ばれた。俺は彼が駆け出しの若い頃から知っていて、今は世界的に有名なジャズ・ピアニストになっている。長年、世界の名プレーヤーたちと渡り歩いているので、演奏テクニックは文句なしに素晴らしい・・・なんでも、彼がジャズのピアニストを目指そうと思ったのは12歳の頃
オスカー・ピーターソンのプレーに感動してからだそうだ。俺も彼は大好きなピアニストでCDは5~6枚は持っているかな・・・黒人ですごく優しい顔をしていて、いつもご機嫌なプレーを聴かせてくれた。残念ながら2007年に他界している。

YouTubeで小曽根真で検索すれば容易にそのプレーを見る事が出来るが・・・
AORで有名なボズ・スキャッグスが作った曲をジャズ風にアレンジした曲が良かったな・・・この曲・・・俺大好きなんだよね・・・たくさんの人がカバーしたがる気持ちがわかるよ(笑)
ウィ・アー・オール・アローン YouTube
2018.04.28 Sat l 音楽 l コメント (0) l top