FC2ブログ
F1000498.jpg
小俣駅近くの交差点に三晃堂?(写真右側にわずかに見える)という文具店がある。店の端に3510と大きい看板があるが、最初なんだろうあの数字は?と思っていたら、よ~く見ると、サンコードーとカナがふってある。いわゆるTELの語呂合わせなのだ。(写真では「1」が電柱で隠れているが)まあ、おそらく偶然の一致だろうが、面白い・・・それにこんな事を言ったら失礼になると思うが、かなりこの辺は市街地から離れており、田舎である。そんな中で営業出来ている事が驚きである。
確かに、すぐ近くに学校があるので、地元では以外と重宝されてるのかもしれない。。。
スポンサーサイト
2016.10.31 Mon l 日記 l コメント (0) l top
F1000487.jpg
この行列はクレープを求める客である。娘が足利フラワーパークでバイトをしている時、迎えに行く途中、偶然発見した。旧50沿いで、この角を曲がると足利市駅がある。時間帯にもよるが、これよりもっと並んでいる時もある。甘いものに目がない、女房と娘は、後日、さっそく食べに行ったらしく、安くて、ボリュームがあり、美味しかったと言っていた。並ぶ価値はあると言っていた。まあ、俺も嫌いではないので、機会があったら一度は食べてみたいものである(笑)
2016.10.31 Mon l 食べ物 l コメント (0) l top
F1000479.jpg
F1000478.jpg
娘が生まれて、まだ7ヶ月頃、東京出張の時、東急ハンズで面白い物を見つけたんで、思わず衝動買いをしてしまった記念の手形を作ろうただ問題だったのは、動かず、正確に型を取る事が、小さな子供ゆえ、難しい・・・ぐっすり寝た時を狙って
一発勝負に出た。結果は途中で起きてしまって、8割ぐらいの出来か・・・まあ、それでも、そのリアルさはある程度、伝わると思う。肌色に着色して、コーティングもした。まあ、娘にとってはいい記念にはなっただろう。
2016.10.30 Sun l 子供 l コメント (0) l top
F1000481.jpg
息子を約束の時間に足利市駅に迎えに行く途中、TELがあり30分ぐらい、遅れると言う、どうしようかと迷ったが、近くのJR足利駅は娘を迎えに一回しか行ってないので、とりあえず暇つぶしに行ってきた。
F1000482.jpg
F1000483.jpg
F1000484.jpg
前回来たときは夜だったので、全然気付かなかったが、駅前に電気機関車が展示されてるではないか、今日は日曜日なのか、門の施錠が開いていて、内部に入れた。運転席と車内の内部が撮影出来た。
F1000485.jpg
おまけに、娘がよく利用するといううどん屋をパチリ
2016.10.30 Sun l 日記 l コメント (0) l top
F1000476.jpg
F1000477.jpg
昨日の日本シリーズも見ごたえがあった。結果的に日ハムが勝ったが、最初の2試合は広島ペースだったが、
残り4試合は紙一重の試合展開ばかりだった。どちらに転んでもおかしくない勝負の連続、俺も、マスコミも、広島サイドも、6戦に大谷投手を起用し、一気に勝負に出てくるとばかり思ってたが、栗山采配は以外で、スタメンには載せず温存し、広島ファンからは「完全になめられてる」って声が大多数だったらしい、同点の8回、満塁で中田の打席で、ネクストバッターサークルの中で素振りを始めた大谷、ジャクソン投手は、当然パ・リーグ打点王の中田を警戒する。甘いコースは投げられないと言う、プレーシャーと、もし、ヒットやフォアボールでも出したら、今度は大谷代打で一気に勝負を決めるぞ、と思わせるダブルのプレッシャーをかけられたので、結果的にフォアボール、その後、ピッチャーにもタイムリーを打たれ、気持ちが完全に切れたまま、甘いコースの球をレアードに満塁ホームランを打たれ、万事休す、すべては8回ツーアウトからでの出来事、
よく野球はツーアウトからって格言があるが、まさにその通りだった。おそらく2点差だけだったら、スットパーに大谷投手を投入しただろう。今年日本シリーズはコロコロ展開が変わったので、見ていて非常に面白かった。
2016.10.30 Sun l 野球 l コメント (0) l top
我が家のもう一台の車は、ダイハツ製で、先日リコールのハガキが来たので、今日の午後1時に予約して、もちろん、無料で直してもらった。せっかく広沢町まで出て来て、天気も良かったので、ちょっと寄り道をした。F1000469.jpg
F1000470.jpg
F1000472.jpg
まずは、新川公園、少し木々が紅葉してるのか微妙?これからなのか、もう過ぎたのか、わからない(写真一番上)
菊の展示即売会をやってたのでパチリ(写真二番目)
ボーリングのブームは去ったとは言え、今でも頑張って営業している(写真三番目)
桐生スターレーン
F1000474.jpg
吾妻公園に行っても、色づいてた木々もあったが、よくわからなかった。
F1000475.jpg
最後に水道山に行ったが、やはりよくわからなかった。茶臼山と桐生市内の景色を望む
2016.10.29 Sat l 日記 l コメント (0) l top
100-0079_IMG.jpg
PICT0121.jpg
息子も小さい頃は、ありとあらゆるおもちゃを買ったが、一番遊んだのはやはり「プラレール」だろう。とにかく電車を乱暴に扱っても壊れない、レールを自由に変形し、レイアウトしても、多少の線路のゆがみがあっても走行可能で、ホントによく遊んだ。大人のコレクターもいるぐらいだから、こんなおもちゃはめったにないだろう。一番のお気に入りは(写真上)の新幹線だった。5~6年は乱暴に使っただろうけど壊れなかった。確か、レールなどは処分したが、この電車だけは、引っ越す時に持ってきて、記念に倉庫に保管してると思う。
お袋の部屋を独占して遊ぶ息子(写真下)
2016.10.29 Sat l 子供 l コメント (0) l top
101-0199_IMG.jpg
乗り物は有料だが入場料は無料な、この遊園地にはよく子供たちと、弁当持参でホントよく遊びに行った。確か、ある年齢まで桐生市から無料のチケットが毎月、数年にわたり配布され、それを利用させてもらった。この写真は、おそらく観覧車に乗った時に撮影した物と思う。前に水道山の紅葉写真をアップしたが、こちらの方が紅葉がきれいに写ってた。こんな画像もあったんだと、自分でも以外だった。まあ、写真より、実際に見た光景がきれいだったのに違いない、そうでなかったら
フィルムカメラ時代だったので、シャッターを切らなかったと思う。今年はシーズンになったら紅葉は是非撮りに行きたいと思ってる。
2016.10.28 Fri l 子供 l コメント (0) l top
F1000463.jpg
今日、28日は「群馬県民の日」なので、県内のあらゆる施設の入場料などが、無料もしくは値引き?になるが、土日ではないのでどうって事ない、昔、「鉄道文化村」に行った時は、土日で無料だったので、それを目当てに行った事がある。館林の美術館もおそらく無料だろうけど、わざわざ館林まではいかんせんめんどくさい、桐生「大川美術館」はどうなんだろう?ちょっと行ってみるか(笑)
まあ、今日はどんよりとした天気(自宅前で撮影)なんでイマイチ行く気がしないなあ~
2016.10.28 Fri l 日記 l コメント (0) l top
F1000462.jpg
今日の日本シリーズもドラマが待っていた。9回裏満塁、バッター西川、俺はヒットでもなく、フォアボールでも、サヨナラだから、いいやぐらいにしか見ていなかったし、打率が低い西川だから、おそらく延長になるかもしれないと思った。俺が思うに西川に対して、第一球はボール、最悪フォア・ボールでサヨナラ押し出し負けなんて、絶対避けたい、その気持ちが一瞬よぎって、ストライクを取りに行く際、コースがほんの少し甘く入ったところを、西川が見事にとらえたと思う。あと前打者へのデッドボールが尾を引いているのも大きな要因のひとつだと思う。バックホームに備えて、外野はすべて前進守備を敷いている中、打球の角度で、おそらくヒットは間違いないだろうと思ったが、まさかホームランになるなんて、誰が予想しただろうか?やはり野球って何が起きるかわからないスポーツだと改めて思った。
2016.10.27 Thu l 野球 l コメント (0) l top
sitigosann.png
もう、すでに10月の末になり、来月はもう七五三の季節になった。この画像は、娘の七五三の時のスタジオでの撮影模様(ビデオ静止画)桐生の天満宮にお参りして、女房と俺の両親と仲人さんを呼んで、ささやかなお祝いの食事会を自宅で行った。当時、息子も五歳で同時に可能だったのに、息子は衣装を着るのを断固拒否、愛用のトレーナーにジャージで済ませた。まあ、親とすれば、ちゃんと衣装を着て、撮影とでもと考えていたが、業者さんが、けっこう嫌がる子が多く、男の子の場合、「無理にやらせることはないですよ」って言ったんで、そのまま普段の恰好で記念撮影した。まあ、これはこれでいい思い出になった。
2016.10.27 Thu l 子供 l コメント (0) l top
F1000461.jpg
2001年、当時、浜田省吾が「ON THE ROAD 2001」で精力的にコンサート・ツアーを行っている時、
何かの雑誌の質問で「今、もっとも気にいってるボーカリストは誰か?」と聞かれ、彼は迷わずにPINK Wikipediaと答えていた。どんなところが良いか?と問いただすと「ギリギリのところで唄ってる」って答えたのだが、まったく抽象的で俺には理解できなかった。そこで、彼の推奨するアルバム「ミスアンダストゥッド」をさっそく購入した(写真)初めての印象は、まず女性だったのには驚いた。だが聴き込むうちに、彼女の虜になってしまい、今でも常に車に置くようになり、、もう、あれから15年、愛聴盤のひとつとなり、ロックの名盤だと確信している。なんとなく彼の言った言葉がわかるような気がする。
最後に、俺の独断の感想だが、JAZZ女性ボーカリストの巨匠、ビリー・ホリデーに似ているような気がした。
2016.10.27 Thu l 音楽 l コメント (0) l top
F1000460.jpg
さすがに、パ・リーグ優勝に導いた、日ハムを背負ってる4番打者 中田だ。1点ビハインドの6回、レフトに豪快なホームランで同点!昨日のタイムリーもしびれたが、彼の一発で流れは少しだが、日ハムに訪れたと思う。その後、8回にレイアードがツーラン・ホームラン!これで勝ったと思ったが、9回にフォアボールをきっかけにツーアウト、満塁の大ピンチ、一打同点、下手したら逆転されてしまう。カウントはフルカウント、おそらくピチャーの宮西投手の心臓はバクバクもんでMAX状態だ。ここは何とか冷静に、空振りを取り、ゲームセット、勝ち星を2-2のタイに持ち込んだ。これで、ますます日本シリーズの行方が分からなくなってきた。大谷は今日、ヒットが1本もなかったが、やはりカギを握るのは、大谷、中田、レイアード、広島は黒田投手で負けた影響は大きいと思う。もし7戦まで行けば、大谷と黒田の投げ合いになるかもしれない、ファンとしてはそこまで引っ張ってくれるのが、無責任の様だが見ごたえがある。
2016.10.26 Wed l 野球 l コメント (0) l top
CvcEggBUAAIK5dY.jpg
今日、ネットで偶然発見した画像、なんでも名前が「デブトラマン」だそうで、円谷プロの元副社長が退職後、趣味で作成した物だ。なんともユーモアたっぷりの作品ではないか、思わず俺の体型と比較し、気が引き締まる思いだった(笑)ウルトラマンがまるでメタボ体型になったみたいだ。中年の皆さん、暴飲暴食には気を付けましょう!
2016.10.26 Wed l 日記 l コメント (0) l top
F1000459.jpg
今朝7時ちょっと前、息子からの電話で目覚めた。昨日、バイトで遅くなって、深夜に帰ろうとしたが、最終電車が間に合わなくなり、それなら都内のどこかで、朝まで時間を潰し、始発で帰ろうと思い、もう7時30分ぐらいには足利市駅に着くと言う。急いで準備をして家を出たが、ちょうど朝の出勤帯の時間で渋滞しており、着いたのは8時20分ぐらいだった。

迎えに行く途中、撮影した写真がこれ、信号待ちで咄嗟に撮ったが、約30年ぐらい前によく友人と通っていた、足利市内の喫茶店
「かふぇ あんでぃーぶ」息子を迎えるようになって、何回も店の前を通っていて、気が付いたんだが、今でも営業しているのだ。
まあ、このご時世で、喫茶店を営業する事は大変難しい、その理由のひとつに、この喫茶店、写真右脇に車1台やっと通れるスペースがあり、その奥に広い駐車場がある。昔は10台は楽に停められたが、おそらく今も同じぐらいのスペースがあると思う。
旧50号なので道路には駐車できないが、これならゆっくりとコーヒーも飲めるし、駅に近いので、商談なんかにも使える。
使い勝手の良い店なのだ。もちろん、それだけでは生き残っていけないが、こんなに長い間、営業出来るのは大したものである。。。
2016.10.26 Wed l 思い出 l コメント (0) l top
F1000457.jpg
今日の日本シリーズは見ごたえがあった。8回の裏、大谷が敬遠されたが、4番中田のタイムリーヒットで逆転、これで日ハムが勝って、中田がヒーロー・インタビューだと思っていたが、9回の裏同点にされ、延長になってしまった。これは不味い流れと思っていたが、10回の裏、ツーアウト2塁で、バッター大谷ここでヒットが出ればサヨナラだ。まあ、正直今日ヒットを2本打ってる彼だが、3本打つのは難しいし、どうかな?と半信半疑で見守っていた。ところが相手投手は、彼の弱点と言われる内角の高めではなく、低めの明らかにビールの球を投げ、彼は見事なバットさばきでライト前にヒットし、サヨナラ勝ちをし、ヒーロー・インタビューになった。何でも彼はフォークボールを予想したみたいだったけど、追い込まれていたので、とにかくランナーを返す為、必死で打ったと言う。中田も4番打者の意地で打ったし、これでまた展開がさらに、わからなくなって来た。とにかくこれからも目が離せない人物だ。
2016.10.25 Tue l 野球 l コメント (0) l top
nisisinzyuku.jpg
nisisinzyuku2.jpg
この2枚は浜田省吾のソロ・デビューアルバム「生まれたところを遠く離れて」の裏ジャケットである。(上がビフォー)実際の彼のアルバムの写真、(下がアフター)俺がどうしてもここに訪れて見たくて、東京出張の傍ら必死になって探し当てた場所で撮影、ヒントはバックに写ってる住友ビル(このビルと限定するのも時間がかかった)の位置関係だけだった。自分でも信じられないぐらい執着してる(笑)写真に写ってる二人のポーズは、先日ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランの真似をした物で、他にも、ジャクソン・ブラウンやブルース・スプリングスティーンなど、彼の好きなミュージシャンの歌詞の内容や言動に影響受けてるのだ。
そう言えば、ボブ・ディランがノーベル賞の関係者の連絡を無視しているとの事、最悪、賞金は渡されなくなるが、俺が思うに「彼らしいなあ」と実感、「金と名誉には関心はないよ」って無言で抗議してるみたい、これから彼がどういうアクション起こすかどうなるかわからないけど・・・
こんなツイートが面白い、昔、ボブ・ディランのファンだった、中学生の男子が、学校で朝の読書の時間に彼の歌詞集を読んでいたら、国語の先生から「そんなくだらないもの読んでないで、もっと文学的なものを読みなさい!」と叱られたそうだ。
その少年が思いっきり、その当時の先生に言いたい、そんな彼がノーベル文学賞を受賞しましたってね・・・これには俺も笑ってしまった(笑)
2016.10.25 Tue l 音楽 l コメント (0) l top
103-0337_IMG.jpg
この画像はデジカメで撮ったので、データによると、2002年6月9日だった。ある晴れた日曜日の午後2時頃、息子がサッカーの練習をしたいというので、二人で新川公園に遊びに行った時の1枚である。この頃、息子は某サッカーチームに所属しており、たまたまこの日は休みだったのかわからないが、普段は土日はほとんど、練習や試合で忙しかった。アイツは小学校はサッカー、中学ではバドミントン、野球、高校ではラグビーと、いろいろなスポーツを経験している。運動音痴の娘とは違って、
まあ、運動神経は、まあまあ良い方だろう。大学に入ってからは、なにも運動はしてないが、バイトが体力勝負のガテン系が多い(笑)

後に見える白い建物は樹徳高校、(甲子園に出場した事がある)昔は隣に新川遊園地があって、亡くなった親父とよく遊びに来たものだ。
今は道路や、駐車場になっている。
特にコロンバス通りとなった道路のハナミズキは季節によって数百メートルに渡って、咲き誇り、とてもきれいで、毎年楽しみにしている。

2016.10.25 Tue l 子供 l コメント (0) l top
F1000454.jpg
F1000455.jpg
F1000456.jpg
お昼頃、息子を足利市駅へと送った。(写真一番上)偶然りょうもう号の特急が停車してた。駅前のセブン・イレブンでコーヒーでも買おうと思ったが、ちょうど昼食時なのか、学生達でレジは大行列トイレだけ借りて旧50号を走る(写真二番目)お袋の事で、桐生市役所により、手続きを済ませた。
入口に桐生のゆるキャラ「キノピー」が(写真三番目)今日は天気が良かったので、気分よく運転が出来たのだ( ^ω^)・・・
2016.10.24 Mon l 日記 l コメント (0) l top
siyakusho.jpg
朝一でニュースをチェックしていたら、小池さんの記事がトップで載ってた。もう都知事の枠を超えて、すっかり全国区になってしまった彼女小池氏政治塾 応募4000人超えオリンピック、豊洲、待機児童等、問題は山積みにあるが、精力的に動いていて、エネルギッシュだ。噂では最終的な彼女の野望は女性初内閣総理大臣になる事だと言う。まあ、これだけ世論の後押しがバックにあって、スキャンダル等の失敗がなく突っ走れば、あながちではあるまい、今後も目が離せない人だ。
(写真は今年の参院選の時、不在者投票で行った、桐生市役所)
2016.10.24 Mon l 日記 l コメント (0) l top
mao.png
この画像は娘がまだ幼い頃、市民プールにまだ行けない頃、お気に入りの水着で、新川公園で水遊びデビューの時の映像である(ビデオ静止画より)ここは夏になると、多くの幼児があつまり水遊びをしている場所だ。水深が浅いし、親が目を離さずに、監視していれば、
安全な遊び場である。この時も数人の子供たちが、楽しんでいた。息子は一度も来た事はないが、娘は頻繁に遊びに来た場所だ。息子は、いきなりカリビアンビーチに行って楽しんでいた。特にウオーター・スナイダーがお気に入りで、初めて行った時も、何回も続けて遊んでいた、やはり男の子だったせいなのか、
女の子は違って、やんちゃだった。上の姉ちゃんは大事に育てたのだが、下の弟はかなり手抜きと言っては不謹慎だが、明らかに自由奔放に育てたというより、手が回らなかったのが事実である。だから、弟の方が打たれ強いかな?(笑)
2016.10.23 Sun l 子供 l コメント (0) l top
610377485.jpg
音楽を聴きはじめて、ベース奏者というと、裏方ってイメージが強くあったが、知人の先輩から1枚のアルバムを薦められた、
それがジャニー・トゥ・ラブ Wikipediaだった。これが俺のベースの概念を変えた。「ベースって主役になるじゃん」って感じ、衝撃的だった。一応ジャンルでいえば、ジャズのアルバムだが、ロックを聴いてる人にも、その素晴らしさは伝わると思う。事実、彼はロックミュージシャンとも、積極的にセッションをしてレコーディングにも数多く参加している。スタンリー・クラーク Wikipediaもう、彼は写真よりだいぶ年を取ってはいるが、ベースを弾いてる時の彼は、今でも輝いていて、カッコイイ。。。
2016.10.23 Sun l 音楽 l コメント (0) l top
F1000447.jpg
先日、あるフリーソフトをダウンロードして使用してたのだが、今一つ動作が安定しなかったので、いろいろ試して悩んだあげく、一度アンインストールして、再度ダウンロードしたのだが、新バージョンになっており、思った通りに作動しなかったので、ネットで調べながら、昨日は、約6時間ぐらいPCに向かい悪戦苦闘いろんな事を試しに試して、ようやく安定し、思った通りの使い方がわかった(笑)もう絶対設定は変えないようにしたい、やはりPCはクリック一つでまるで別物のマシンになってしまう。
やはり、ネットは便利である。おそらくそのままの状態だったら、機能を十分に使えなかっただろう。
2016.10.23 Sun l PC l コメント (0) l top
F1000114.jpg
中学3年の時、本町通りの、何処の店かは忘れたが、YAMAHAのFG-130というギター(写真)を買った。
確か¥13000ぐらいだった記憶がある。
いわゆる、昔はフォーク・ギターと言ったが、今ではアコースティック・ギター(略してアコギ)と呼ばれてる。
通常コードはピックを使って弾くが、指だけで演奏する、あるアルペジオと言う演奏方法もある。
俺は、今でも現役で使ってるので、まあ、ギターは大事に使えば一生物だ。
ネットで今でも使ってる人がいるのか、調べたらこんなサイトを見つけた。
YAMAHA FG-130 リペア俺と同じギターに大金をかけて、リペアしてる過程写真が載っている。これだけの金をかけたら、そこそこの新品が買えてしまう。この人のこだわりには脱帽だ。でも同じギターを愛用してる俺にはなんとなく気持ちはわかる。
俺もこれからも引き続きこのギターをよりいっそう愛用するだろう。。。
2016.10.23 Sun l 音楽 l コメント (0) l top
kituenn.png
1989年、この頃は俺も煙草を吸っていた。(会社の慰安旅行の宿でのビデオ静止がより)一日ひと箱ぐらいだったか・・・
その後、喘息の症状が出始め、それから3~4年後に完全に禁煙した。もちろんあれから、今まで一度も吸っていないが、
以前は、よく夢に出てきて、夢の中で吸ってしまい、嫌悪感にかられる場面が幾度となくあったが、最近はほとんど見なくなった。
まあ、煙草は、俺にとって、賛否両論あるが、百害あって一利なしだ。
2016.10.22 Sat l 思い出 l コメント (0) l top
PICT0150.jpg
もう15~6年前だと思うが、あそこは相生町?の市民広場でBBQをした時の1枚、女房の運転なので、俺はしっかりとビールを飲んだ。
多分あの頃は、無許可で出来たと思うが、あれからどうだろう?今は、ゴミの問題やら、マナーの問題で、許可制になってるかもしれない・・・まあ、特に晴れた日など、野外で食事をすると、なんであんなに美味しく感じるのか、不思議だ。たかが、安い肉やソーセージ、野菜他と、最後にやきそばが我が家の定番だったが、安上がりでけっこう楽しめる。あの頃、休日どこへ行くか迷ったら、いろいろ場所を変えてBBQっていう事が多かったなあ~
2016.10.22 Sat l 子供 l コメント (0) l top
F1000446.jpg
約10年ぶりに浜田省吾 Wikipediaのアルバムが昨年4月に発売された時、どうしても発売当日に入手したかったので、約1か月前に先行予約をした。特典としてけっこう大きなポスターをもらった。それがこれである。俺には珍しくポスターを自分の部屋に貼ってある。まあ、昔の彼と大きく違うのが白髪が増えたなって感じ、体型は若い頃とほとんど変わってない、とても63歳には見えない、画像で検索すればこの画像はたくさん出てくるが、これは本物の非売品のポスターなので俺にとっては宝物に近い・・・
何故かギターがフェンダー社で、この色ストラトキャスターモデルなのか?不思議だ。ちなみに俺のギターも偶然これと同じ配色のコピーモデル(YAMAHA製)なので余計に嬉しい、確か彼はこの配色のギターをコンサートではあまり使わないハズだと思うのだが?
今年のツアーの映像をほとんど見かけないのでわからないが、昨年から今年にかけて、多く使用してるかもしれない・・・
ニューアルバムのJourney of a Songwriter(旅するソングライター)のコンサートは今年も行われる。今年の12月29日で64歳を迎えるが、出来るだけ長くステージに立ってファンを歓ばせて欲しい限りである。
2016.10.22 Sat l 音楽 l コメント (0) l top
mini.jpg
俺もこの車、昔から欲しかったんだが、なかなか趣味的な車で、
自分好みにカスタマイズすると、値段もそこそこするし、車内スペースが狭いので、ファミリー向ではない事から、なかなか手が出せずにいた所、ブルーバードに乗っていた、やはりこの車の大ファンの、前橋の友人が、とうとう購入してしまった。(彼の家の駐車場で撮影)まあ、記念撮影をしたが、正直言ってうらやましかった(笑)
彼はそれ以来、ず~と現在もミニを乗り継いでいて、当然写真の車は生産してないんで、新型に買えたが、別にパーツは写真の車でも困らないと言う、それほど今でも乗っている人が多いのだ。その友人はもう確か・・・他の車には目もくれず、4~5台同じこの車種を乗り継いでいるのだ。これはなかなか出来るものではない、
そんな彼は新幹線通勤してるシングルで、親父さんと二人暮らし、7~8年前に家を新築した。彼とはなかなか会えないが、メールのやり取りは、時々近況など連絡は取り合ってる。
2016.10.21 Fri l 思い出 l コメント (0) l top
PICT0296.jpg
これも息子の後姿、(ある雪が降った翌日、駐車場で撮影)ドジャースのスタジャンで背番号 16
そう野茂英雄のナンバーだ。息子が着たいというわけでなく、俺が彼の大ファンなので強引に購入し、着させたのだが、もし嫌がったら、「いとこ」にやればいいやと思っていたのだが、息子は予想以上に気に入り、アイツの冬のトレードマークとなるぐらい数年間着て、結局はボロボロになるぐらいまで着こんだ。かなり大きめのサイズを買ったので余計に長持ちした。この時点で撮影した時はご覧のように、すっぽりお尻が隠れてるのがわかる(笑)
2016.10.21 Fri l 子供 l コメント (0) l top
suidouyama.jpg
紅葉する写真を探したのだが、昔は子供たちを撮るのが、ほとんどの目的だったので、館林市のつつじが岡の「ツツジ」吾妻公園の「チューリップ」桐生市内の「桜」はそこそこあったが、紅葉写真は皆無に近かったが、偶然撮った1枚があった。場所は水道山、もうピークを過ぎた頃か?まあ、今度はチャンスがあったら、紅葉写真も撮っていきたい・・・
2016.10.20 Thu l 思い出 l コメント (0) l top
PICT0176 (3)
これも、いつどこで撮影したのか、思い出せないが、ただ後姿に反応して、シャッターを切ったのは覚えてる。今何かとニュースでまた前都知事の石原慎太郎がテレビを賑わせているが、彼の父親がよく、慎太郎、裕次郎の子供の頃の後姿の写真を数多く撮っていたと、その時のベストセラーだった、石原慎太郎の「」の中で書いてあるのを思い出して、それを意識して撮った1枚なのだ。
2016.10.20 Thu l 子供 l コメント (0) l top
PICT0276.jpg
もう何年前か忘れたが、初めてサンリオピューロランドに行った時の1枚、子供たちは以前から、行きたくて、しょうがなかったので、入場前から、はしゃぎまくってた。まあ、俺もたいした事ないと思っていたが、以外に、楽しい一日を過ごす事が出来た。そりゃーディズニーランドの方が正直言って楽しいが、ここはここでなかなかの施設である。一番の魅力はすべてのアトラクションやパレード等、天候に左右されず、
すべて屋内で楽しめる点である。その後、子供たちも楽しかったのか、再度遊びに行った思い出がある。
2016.10.19 Wed l 子供 l コメント (0) l top
F1000445.jpg
F1000444.jpg
俺もうすうすは感じてはいたが、やはり、今季限りで引退か・・・
今シーズン広島が優勝できたのは、まあ、もちろん、緒方監督の力もあるが、黒田、新井のベテラン両選手がチームを牽引した事が大きな要因だ。優勝の胴上げでも、監督の他、この二人もされている事が、それを物語ってる。
俺にとって黒田投手の印象は、これと言ってウイニングショット(決め球)がないにも関わらず、丁寧にコースをついて結果を出した、ピッチャーだ。いつもポーカーフェイスで淡々と投げてる印象が強い、あまりガッツポーズも取らない、巨人戦でもきっちり抑えられた記憶もあるが、コントロールが安定せず、ボコボコに打たれた彼も覚えてる。
いいピッチャーなのはわかってはいたが、大リーグに挑戦すると言った時、正直これだけの結果を出すとは思わなかった。というより彼には申し訳ないが通用しないと思っていた。
アメリカに渡り、より高度な投球術を身に付けたのに違いない、彼のインタビューで印象に残っている事がある。プロになってから「マウンドに上がる度、楽しいと思うことはなく、苦しくてしょうがなかった」と言っていた。もう体がボロボロになってるらしい、これからは彼が経験した事を、後輩たちに伝えていき、日本のプロ野球をもっと盛り上げてほしいものである。
2016.10.19 Wed l 野球 l コメント (0) l top
moritakennsaku.jpg
もう一つ、中学の頃、校内放送での思い出は、その当時、流行ってた、青春ドラマ「俺は男だ!」の挿入歌の森田健作が歌ってた「さらば涙と言おう」が一番覚えてるなあ~、音楽番組にも頻繁に出演してたし、けっこうヒットもしてた。たしか「ベスト・ヒット30」?って音楽番組なんかによく出てて、俳優だけでなく、歌手としても活躍してた(笑)
現在は千葉県知事で有名だが・・・今の若い人達は知らないだろうな
2016.10.18 Tue l 音楽 l コメント (0) l top
ミッシェル
俺が中学の頃、昼休みに校内放送で、放送部員の友人のひとりが洋楽にやたら詳しい奴がいて、よく洋楽をかけてくれた。
その出来事は俺にとってすごく刺激的な思い出で、新しい音楽に触れる事が出来る貴重な時間だった。
世界のあらゆるアーティストをかけてくれたが、その中で一番覚えてるのが、ミッシェル・ポルナレフの「シェリーに口づけ」だ。
彼はフランス人なので、歌詞が、英語ではなくフランス語で、いわゆるフレンチ・ポップだ。
今でも新鮮なこの曲は、よく車でも聴いている。
2016.10.18 Tue l 音楽 l コメント (0) l top
kennrokuenn.jpg
会社の慰安旅行で訪れた兼六園での1枚、真ん中の情けない事に、一番背が小さいのが俺(笑)
両サイドは後輩で、いわゆる飲み仲間だ。たしか5~6歳年下だったと思う。
2人共転職していて、以前は、時たまは会う時があったが、もう15年くらい会ってない、今何をしてるのだろうか、チャンスがあったら、また一緒に飲みたいものである。
2016.10.18 Tue l 思い出 l コメント (0) l top
オーディオ
懐かしい、昔の俺の部屋である。VHSのテープがたくさん置いてあるのが(最終的にはこの3倍ぐらいになった)時代を感じさせる。CDはこの頃はだいぶ普及してた。でもまだまだ少ないコレクションだった。その後CDを買い漁り、ほとんどのオーディオ機器は引っ越しの際、アンプ以外はすべて処分してしまった。無駄遣いと言われればその通りかもしれないが、時代が変わるので仕方ないのだ。
2016.10.17 Mon l 思い出 l コメント (0) l top
F1000435.jpg
やっぱり、大谷翔平は凄い、DHで打者で出場してるのに、9回ストッパーで、今度は投手としてマウンドに上がった。ほんのわずかなキャッチボールだけで、160キロ台を連発!おまけに日本最速165キロでいとも簡単に、自身の記録を更新したのだ。それだけではない、フォークが151キロ、スライダーが143キロと、信じられないスピード、敵チームの内川選手が、思わず「ウォー」って叫び声をあげてた画像が写り、味方の中田選手、陽選手も苦笑いしてた。昔ヤクルトに伊藤智仁?かな・・・高速スライダーが武器だったピッチャー(当時、野村監督が絶賛してた)がいたが、130キロ前半だったもんなあ・・・ストレートだって140キロ台だったけれども、打者はタイミングが全然合わなくて、巨人打線もだいぶ苦しめられていた。もう大谷は別次元のピッチャーだ。日本シリーズが楽しみである。。。
2016.10.17 Mon l 野球 l コメント (0) l top
F1000436.jpg
早朝から、市内に行く用事があり、久々にセブンイレブンのホットコーヒーを飲んだ。
今日は雨が降っていて寒く、温まりたかったんで、Lサイズにした。¥150でコスパも良い、このコーヒーが数年前に初めて、発売した時、ミーハーな俺は家族の中でいち早く試してみたのだ。いやー想像以上に美味いコーヒーなんでびっくりした。これが¥100(Rサイズ)信じられない!ちなみにここのアイスコーヒーも美味い、でもファミマのアイスラテや、その他のコンビニもクオリティーが高くて美味い、各店の競争により、安くて美味しいコーヒーが手軽に飲めるのはありがたい事だ。
2016.10.17 Mon l 日記 l コメント (0) l top
nagusakyoseki.png
2001年育成会の行事で釣り大会名草釣り堀で行う事になり、ついでに、近くにある名草の巨石群に立ち寄った時に撮影した(ビデオの静止画)である。専用の駐車場から、およそ4~500m緩やかな坂を上って行くと巨石がある。俺はその頃、喘息がひどい状態だったので、軽い発作を起こして、顔色が悪くなってしまった思いでがある(笑)今でも絶対登りたくない坂道だ。
2016.10.16 Sun l 思い出 l コメント (0) l top
F1000434.jpg
今日アップした。カップヌードルリッチの続きだが、同じ価格帯で、俺の一番のお気に入りは、ニュータッチの凄麺シリーズの
「ねぎみその逸品」だ。カップ麺の中で一番美味いと思う。流石に人気があるのか、大抵のスーパーで取扱ってるのだ。値段は¥180前後なので、少々高めだが、時々無性に食べたくなるので、定期的に買っている。
F1000433.jpg
久々の快晴で気持ちが良い日だ・・・(自宅付近の山を撮影)
F1000432.jpg
昨日の夜、息子が「足利市駅に午後11時に迎えに来い」と言うので、外に出たら、やたら明るい、原因は月光(満月)だった。すかさず携帯で撮ったが、こんな風にしか、撮る事が出来なかった。まるでキラキラ光る星みたいだ。
2016.10.16 Sun l 食べ物 l コメント (0) l top
F1000431.jpg
昨日の昼食に、先日、買った新発売のカップヌードルリッチを食べた。価格は確か¥190?とお高い、すごく期待を持って食べたが、残念ながら、期待外れだった。それなりに不味くはないが、特別美味いとは思わなかった。これなら、
俺は迷わずスタンダードのカップヌードルの方が安いし、美味しいので、こちらの方を選択するだろう。
2016.10.16 Sun l 食べ物 l コメント (0) l top
F1000426.jpg
昨年の夏に買った、ヤンキースのお気に入りのTシャツ(自撮り)俺は日本の球団では昔から巨人ファンだが、最近は魅力的で個性豊かな選手がいないので、どうしても他球団の日本ハム大谷翔平や大リーグに目がいってしまう。特にヤンキースは大好きな球団、きっかけは、単にベーブ・ルースが大昔、在籍球団だった事と、以前、在籍してた日本人のイチロー、松井秀喜、伊良部、現在活躍してる、田中将大、あとは引退した、ジータが大好きだった。
それに大リーグには、前田投手、上原投手、ダルビッシュ投手など他、目が離せない選手ばかり・・・
まあ、これも、もとはと言えば、野茂投手がドジャーズで活躍したのがきっかけだ。
いずれは大谷翔平も大リーグ行くだろう・・・日本の野球がさらにつまらなくなるが、世界の舞台で日本人が活躍してくれると励みになるので、よしとするか(笑)
2016.10.15 Sat l 日記 l コメント (0) l top
F1000420.jpg
息子を迎えにいって、帰宅後、さあ、飯でも食おうかと、残り物の「アジのフライ」「ふきの佃煮」「鮭」「味噌汁」を用意して、ご飯をよそろうと、釜を見たら、肝心なご飯がない・・・
昼間、女房と娘に食べられてしまっていた(笑)
もうこうなったら、流れに任せて酒を飲むしかないと思い、普段は木曜か金曜なのだが、水曜に飲む事にした。
急遽、「冷奴」と「しょうがの酢漬け」他の、つまみを加え、いつも通りに、約2時間かけてゆっくり飲んだ。
次回は来週の火曜に飲もうかと予定している。だんだん飲む間隔が短くなってる(笑)きちっと一週間おきにしたいんだけど、やはり酒が好きなのか、まあ、毎日飲むわけではないので大目にみてもらいたい(#^.^#)
2016.10.15 Sat l 食べ物 l コメント (0) l top
PICT0166 (3)
もう何年か前かは忘れたが小山ゆうえんち Wikipediaに行った時の休憩所での、昼食のお弁当を食べてる時に、女房が撮った写真だ。この頃から、あらゆるアトラクションの老朽化で「本当に安全なんだろうか?」と言う不安にさせるものも多々あった。まあ、この日は確か、何かの園内の記念日かなんかで、入場料が無料か、それとも、かなりの割引率の時だったので、わざわざ遊びに行ったのだと記憶している。娘が「ミラールーム?」一面鏡張りで自分がどこにいるのか錯覚してしまうようなアトラクション内で、パニックになり、大声で泣きながら「パパ~どこにいるの?」となった(笑)息子は、最初から怖がって入らなかったので外で待ってた。
けっこう一日楽しめたんで、料金が今回行った時と同じなら、また行きたいと思ったが、正規の料金は総合的にみて高いので、
他の遊び場を考えるだろう。
2016.10.15 Sat l 子供 l コメント (0) l top
ziityannto.png
俺の親父がまだ存命の頃、館林市のつつじが岡公園に、もちろんつつじを見に行った。俺は何回も行った事はあるが、親父とお袋は行った事がなかったので、
珍しく家族全員でお弁当持参で出かけた。やはり、ここの「つつじ」は圧倒的な花の多さと、色どりで、とても美しい!・・・
けっこう早く着いたが、近くの駐車場は満車で、臨時の駐車場に停められたのは、よかったのだが、いかんせん、公園まで距離があり、親父と、お袋は着くやいなや「疲れた!」の連発で少し休んでから、見学に出かけた。
子供たちは元気いっぱいで、広場に出るやいなや、走りまわってふざけてた。得てして、こういう時に姉弟が喧嘩するパターンが多いので、親父が心配になって、二人に寄り添った瞬間である(ビデオの静止画より)
2016.10.15 Sat l 思い出 l コメント (0) l top
PICT0155 (3)
PICT0105 (3)
娘が保育園の運動会で竹馬を披露するというので、自宅近くの駐車場で練習してた(写真上)まだ、何処かぎこちなく乗っているという感じだったが、本番ではちゃんと乗れるようになり、後ろで女房がビデオを撮っている(写真下)この頃はVHS-Cで、ビクター製だったが、本当に良く活躍してくれた。後にパナソニック製のデジタルビデオカメラを買ったが、もうすでに子供達は大きくなり、写すようなイベントも減り、結局はわずかに撮影しただけで、テープ2本分ぐらいしか撮らないまま、調子が悪くなり、処分してしまった。以来、ビデオカメラでの撮影はやってない・・・

そう言えば。最近の子供は竹馬で遊ばないのか?まあ、今はゲームも充実してるし、他に遊びもたくさんあり、選択肢が豊富だから、竹馬なんか、目もくれないだろうな(笑)
俺が小さい頃は、堤町の白髭神社の近くに、竹製品専門の店があって、、そこで目ぼしい竹を購入し、近くで大工をしてるおじさんに、余った木材を譲り受け、針金で固定してもらって、足を乗せる所を作ったものだ。乗る高さも1mを越えていたなあ・・・歩いてて目線が高くなるので、楽しくてよく遊んだ・・・もちろん今でも乗れるよ・・・懐かしいなあ・・・
2016.10.15 Sat l 子供 l コメント (0) l top
F1000428.jpg
F1000427.jpg
ここ2~3日「フジテレビ」の映りが極端に悪く、時間帯によって見る事が出来ない、以前も「日本テレビ」が同じような状態になり、電気屋さんに至急来てもらい、なんとかその場しのぎで調整してもらったのだが、
その時に「この近辺は電波の状態が悪いので、同じような状態が、おそらくまたあるかもしれないので、様子を見てて下さい」と言っていた。アンテナやその物や、ブースターを感度の良い物に交換すれば、改善すると言っていたので、今回はさすがに交換する事にした。結局、アンテナ側のブースターと室内の物が、セット販売となっているので、両方交換した。これで問題なく、綺麗に映るようになった。それでも天候等で、電波の状態が変わるので、注意してくださいと念を押された。
2016.10.14 Fri l 日記 l コメント (0) l top
F1000421.jpg
散歩の途中で、トマトに似た実のついた植物を発見、実の大きさは1㎝ぐらいだろうか?一瞬食べてみたい衝動に駆られたが、それはちょっと危険なので、鑑賞だけしてきた。
F1000422.jpg
散歩後、帰って来て新聞を読んだんだが、今日はさすがにボブ・ディランの記事が多かった。
それに今日はいつも楽しみにしている「タウンぐんま」が発行されてた。なんでも10月23日、9時30分~15時まで、大胡電車庫でイベントがあるらしい、写真に懐かしい車両が写ってる。上電は創立90年周年なのか!俺が生まれるずっと前だ(笑)歴史を感じさせるなあ。。。
2016.10.14 Fri l 日記 l コメント (0) l top
F1000423.jpg
F1000424.jpg
昨日の夜にアップしたが、やはりこの人の受賞は、ミュージシャンの他、多方面わたり衝撃を与えている。
ボブ・ディラン Wikipediaもうすでにノーベル文学賞の事が記載されてる。
俺がぐだぐだ語るよりも、こちらを見た方が、彼の人物像がより詳しく書かれてる(笑)
ひと言書かせてもらうと、俺の認識ではフォーク歌手のイメージが強い、まあ、俺が高校の頃はエレキギターを弾き始め、よりロック色が強くなってきた。1976年に「激しい雨」という、アナログ(LP)ライブ盤を買った思い出があるが、その頃はもうエレキギターだった。
ブルース・スプリングスティーンが世に出た頃、声が似た事から、ディラン2世なんて言われた時期があったが、今やアメリカでは「ボス」と言われるくらいに愛され、現在、世界でもっとも稼ぐミュージシャンなんて言われてる。彼の詞もディラン同様、その誌的な表現の創造に値するぐらいに、評価されてる。ひょっとしたら、将来ノーベル文学賞を取るかもしれない(笑)いや冗談抜きで・・・
だって昔は、不良が聴く音楽とレッテルを貼られたビートルズが教科書に載る時代だもの、俺が通ってた中学で、昼休みの校内放送でビートルズの「ヘルター・スケルター」をかけたら、先生がすっ飛んできて、強制的にかけるのを止めさせた事があった。放送部員達は猛抗議したらしい・・・まだこんな時代だったのだ。
F1000425.jpg
このCDは1985年に発売された「バイオグラフ」と言う、まあベスト盤だ。歌詞の訳や解説書もついた豪華版だ。3枚組なので高価だったが、どうしても彼の歴史を知りたかったん当時購入した。今日は久々に耳を傾けたいと思う。
おそらくCDショップは、彼のレコードを大々的に取り扱うだろう。もう彼は1億万枚レコードを売り上げてるが、また印税が入ってくるな・・・
2016.10.14 Fri l 音楽 l コメント (0) l top