FC2ブログ
main_su-ra-.png
昨日の昼食に新製品のペヤング・酸辣MAXを食べた。流石ペヤング、すげ~美味かった。久々のヒット、激辛と共に常備したい製品だ。これからも継続して販売して欲しい一品である。まず最初、大抵の人はその酸味で一口目に
むせると思う。実際、俺もむせた。だが、旨みもあり、コクもあり、少々辛みもあり、中華風で癖になる味に仕上がっている。きょう午前中に買い物に行ったので、さっそくストック用にまた買ってきた。
animal_mamejika.png
話は変わるが・・・昨晩、娘を駅に迎えに行く途中、裏道を車で走行中、野生の鹿に遭遇した。まあ、俺の住んでいるところは田舎なので、イノシシ、猿、ハクビシン、熊には遭遇した事はないが、何が出てきても大抵のものは驚かないが、昨晩は、1匹前を鹿が横切ったと思った瞬間、少し遅れて4~5匹車めがけて突っ込んできた!と言うより道路を渡ってきたので、避けるすべもなく、後部に接触してしまった。すごい大きな衝撃音だったので「こりゃ~鹿が倒れているんじゃないか」と、真っ暗の中、車を停め確認しに行ったが鹿はいなかった。時間がないので駅まで行き、明るいところで車のダメージを確認したが、薄暗かったのでよくわからなかった。そして今朝、くまなく点検したが、ラッキーな事にキズや凹みはなかった。知人の1人なんて鹿が真正面から衝突して、保険がきかないので、高額の修理費がかかったそうだ。これからは、以前よりもいっそう注意して、この道は運転したいと思う。
スポンサーサイト
2017.04.30 Sun l 食べ物 l コメント (0) l top
F1000896.jpg
今日の夕方5時頃、大きな虹を発見、すごく大きくて、この画像は虹が
右曲がり(南小前の信号待ちで撮影)
F1000894.jpg
一方この画像は虹が左曲がり(広沢6丁目の歩道橋の信号待ちで撮影)ひとつの大きな虹が長時間表れていたのだ。久々にスケールの大きな虹を見た。実際は写真とは比べ物ならないぐらい、凄く鮮やかだった。俺だけでなく、前後の車の人もスマホで必死に撮影してた。それ程鮮やかだったのだ・・・見る事が出来てとてもラッキー!(笑)
福山雅治 虹
2017.04.29 Sat l 日記 l コメント (0) l top
IMG_6537.jpg
桜の次に楽しみなのが、コロンバス通りのハナミズキだ。今週、何回かこの通りを車で通過したが、いっこうに満開にならない、今年はどうやらあまり咲かない年みたいだ。そのなかでも割合綺麗に咲いてる、樹徳高校前の一本を撮影した。
IMG_6538.jpg
例年だと、この通りの両端が白いハナミズキでいっぱいになるハズなのだ。この写真だとパラパラしか咲いてない、残念だけど今年は見られないみたいだ。
IMG_6541.jpg
場所を移して「吾妻公園」に行ってみた。チューリップ祭りはすでに終わっていたが、まだ咲いているのに混じって、おそらく赤いツツジがいたる所に咲いていた。
IMG_6546.jpg

IMG_6545.jpg

IMG_6544.jpg
一番咲いていたのは入口付近だった。
IMG_6543.jpg
休憩場の上にが綺麗に咲いていた。そう言えば、今年も我が家は足利フラワーパークの藤のイルミネーションを見に行く予定だ。その時はたくさんIXYで写真を撮ってこよう思う。
2017.04.28 Fri l 日記 l コメント (0) l top
kagawa
麻雀ではいろいろな役があるが、めったに上がれない役満というのがある。上記の画像は「国士無双(コクシムソウ)」というダブル役満がテンパイしてる状態である。この状態で13牌のいずれも自分の捨て牌になければ、(あっても自分がツモればOK)13面待ちで、この中のどの牌が出ても上がれる事が出来る、凄い役で一生に一回上がれるか上がれないかぐらいの確率である。まあ普通の「国士無双」は頭で同じ牌ひとつあり、残りのひとつの足りない牌で上がるのが普通で、上記のようなテンパイする事はめったにないというか、あれだけ大学時代に麻雀やってても、俺は一回もない、普通の「国士無双」なら2~3回は上がってるが、とにかくこの役満は「ツキ」がなく、半ばヤケクソになって、初めて狙る特殊な役で腕ではなく「運」で上がるようなものである。13面待ちを除けば比較的あがれる確率は高いが、捨て牌の様子で相手に読まれてしまうので、俺はあまり狙わないが、流れを変える為、上がりをほぼ諦めながら狙う事はある。初心者にはけっこう人気がある役満なので、俺も初めてテンパイした時は、心臓がバクバクもんだったが、そう簡単に上がれる事が出来なかった。まあ、1回上がれればどうってことない役満だ。
2017.04.27 Thu l 麻雀 l コメント (0) l top
002.jpg
まあ、以前から、一生に一度は見に行きたいコンサートはもちろんポール・マッカートニー来日する事は知っていて、本気で行こうと思ったが、いかんせんチケット代は信じられないぐらいバカ高いし、都内に宿泊しなければならないし・・・事実上無理な話・・・いつだろうと気になって調べたら、なんと昨日、武道館でコンサートがあったらしい(写真)さっそくYou Tubeで調べたらファンがスマホかなんかで撮ったものがたくさんアップされていた。消される前に出来るだけダウンロードした(笑)少しでも会場の雰囲気を味わいたかったからだ。
01. A Hard Day’s Night
02. Jet
03. Drive My Car
04. Junior’s Farm
05. Let Me Roll It
06. I’ve Got a Feeling
07. My Vallentine
08. 1985
09. Maybe I’m Amazed
10. We Can Work It Out
11. Every Night
12. In Spite of All the Danger
13. Love Me Do
14. BlackBird
15. Here Today
16. Queenie Eye
17. Lady Madonna
18. I Wanna Be Your Man
19. Magical Mystery Tour
20. Being for the Benefit of Mr. Kite!
21. Ob-La-Di, Ob-La-Da
22. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
23. Back In The U.S.S.R.
24. Let It Be
25. Live And Let Die
26. Hey Jude
encore
27. Yesterday
28. Hi Hi Hi
29. Golden Slumbers
30. Carry That Weight
31. The End
なんでも上記の曲が演奏されたようだ。ビートルズ、ウイングス、ファンにはたまらないハズだろう。。。
これは多分削除されないと思うので・・・Hey Jude
2017.04.26 Wed l 音楽 l コメント (2) l top
1bb3b9eb.jpg
中古で買ったレコーダーに、関心のある番組をとりあえずHDDに録画しておいて、暇な時、鑑賞する事が多くなった。
先日、山崎豊子(写真)原作の作品である女の勲章を6~7回に分けてみた。なにしろ。全編みると5時間弱の大作なので、とてもじゃないけど、オンタイムでは見られない・・・予想外のエンディングだったが、それなりに楽しめた。彼女の作品は・・・俺が若い頃「華麗なる一族」は読んだ事はあるが、内容はすっかり忘れてしまった。やはり何と言っても彼女の作品で有名なのは白い巨塔だ。故・田宮二郎主演のものは、お袋が昔真剣にみていたので、俺も仕方なく見てた思い出がある。(ちなみに原作は読んでないが)・・・最近ではリメイクで唐沢寿明が演じてた。
まあ、人それぞれ感じ方は違うと思うが、「女の勲章」を見終わって感じた事はピュアな思いはでは買えないって事かな・・・もっと違った角度でより多くを感じる人もいると思うが、俺にはこれしか思い浮かばなかった(笑)なんだかんだ言って、いい作品であり、彼女の代表作には違いない・・・
2017.04.25 Tue l 日記 l コメント (0) l top
Jackson_Browne.jpg
俺がもっとも敬愛するミュージシャンである「浜田省吾」が敬愛するミュージシャンである「ジャクソン・ブラウン」・・・名前だけは昔から知っていたが、実際聴きはじめたのは30年ぐらい前からである。なにしろ、今みたいにネットがない時代なので、メディアにほとんど出ない、浜田省吾の情報は闇の中に等しい・・・レコードと音楽雑誌のみが頼りだった時代だ。今でも有名だが音楽評論家の渋谷陽一が浜田省吾とラジオ番組で激論を交わしたが、今はお互い認め合い、いい関係になっており、何かと彼を応援しているらしいし、プライベートでも親交があるらしい、話はジャクソン・ブラウンに戻るが、浜省は自身で飼っている犬の名前をジャクソン・ブラウンと命名したそうだ(笑)それ程までに彼を好きなのだ。俺も彼を聴き続けて30年になるが、やはり彼の作品は素晴らしい・・・その中で俺の好きな曲を紹介しよう。。。おそらく浜省も擦り切れる程聴いた曲だ。
ジャクソン・ブラウン Running On Empty
2017.04.24 Mon l 浜田省吾 l コメント (0) l top
IMG_6536.jpg
まあ、「室内履き」といってもスリッパみたいなものだが、これは「ユニクロ」製で¥980かな?セールでは¥780になるが、自分の気に入った色や柄が少なくなってしまうので、少々お高いが今買っておいたのだ。5~6年は軽く持つ、汚れたらネットにいれて洗濯機で洗ってまた使える。履き心地も良いし、滑りにくいし、丈夫だし、ずーと以前から愛用してるのだ。この前のは7年間使ったな(笑)いくらなんでも普通のスリッパを7年間は使えまい、¥980でも元は取れるのだ。。。
2017.04.23 Sun l 日記 l コメント (0) l top
IMG_6535.jpg
先日、百均で写真のような銀色した「腰あて?」を買った。たしか車グッズのコーナーのものかな?以前のチェアにも似たようなものを装着していたが、けっこう高価だったので見送っていたが、¥100なら試してみるか・・・と思い購入した。これがすこぶる調子がいい、これをする事で背筋が伸びて、腰に負担がすくなく、長時間座っても疲れない、テレビはもちろん、PCをいじってて苦にならなくなった。百均恐るべし(笑)
2017.04.23 Sun l 日記 l コメント (0) l top
snapcrab_noname_2014-1-27_1-28-52_no-00.png
先日、NHKの番組SONGSで木村拓哉と俺のブログでも紹介したMIYAVIの共演があった。なんで?この二人が?と思ったが、実は木村拓哉主演の映画無限の住人の主題歌を演奏するそうなのだ。番組で二人の思いを本音で聞けて、すごく、この映画が観たくなった。(地上波で放送される頃に・・・笑)木村拓哉のボーカルって・・・とびぬけて上手くはないと思うが、何か人を惹きつける魅力があると思う。昔、SMAPの「らいおんはーと」の彼のボーカルのパートを聴いた時に俺は思った。これから先、MIYAVIとのコラボもあるかもしれない・・・今後、彼は俳優だけではなく、おそらく音楽界でもソロ活動すると思うので、これからの活躍が楽しみである。
2017.04.22 Sat l 音楽 l コメント (0) l top
bmwMINI.jpg
以前、俺のブログで紹介したトラックのminiminiさんの通勤車である(miniminiさん撮影)うしろにトラックが見える。俺はBMW320iを新車で購入して16年乗ったが、初めてモーターショーで新型のミニを見た時、次買うのはこの車だ!と一目惚れだったが、子供が大きくなり、ランニングコストの高い外車なんて乗ってる場合じゃないと思い、維持費がかからない軽自動車にシフトダウンした(笑)それ以来、ずっと軽に乗っているが、まあ、確かに運転のフィーリングはそりゃ~BMWの方が良いに決まってるが、最近の軽は性能がめちゃくちゃ良くて、移動手段だけなら、なんら問題ないけど、本音を言えば、今でもこの車に乗りたいにきまってるのだ(笑)
2017.04.21 Fri l 日記 l コメント (0) l top
character_heart_genki.png
毎週日曜、午後5時30分から大抵は「笑点」を見るので、チャンネルは日本テレビに合わせているが、偶然、前の番組のチカラウタを見てしまう。でも、この番組がとても面白くて、「笑点」よりも、欠かさず見るようになった。MCに小山慶一郎、羽鳥慎一が担当していて、毎回ゲストを迎え、その人の「チカラウタ」を紹介して、トークする番組だ。まあ、俺にとって「チカラウタ」はもちろん浜田省吾の歌の数々で、彼の作品は約400曲あるので、どうしても一曲には絞れない・・・そこで、この番組で彼の曲を選んだ人がいるのか?調べてみたら・・・なんと!いたのだ。意外な人でビビる大木で曲は
MONEYだった。なんでも、どん底の時に、「ゆりかもめ」で聴いた時だったそうだ。この曲は俺がまだ20代の作品で、まだ「浜田省吾」が若くてハングリーな時だった。思いっきり、金の存在を皮肉った曲で、攻撃的な詞で訴えるものである。コンサートでは今でも必ずと言っていい程、歌ってくれる曲であり、もちろん俺も大好きな「チカラウタ」のひとつである。
2017.04.20 Thu l 浜田省吾 l コメント (0) l top
lee-ritenour-kluft-1_390.jpg
昨日の晩、VHSに録画のリー・リトナーライブを直接DVDに焼こうと思ったが、がさばるし、とりあえずHDDに入れておけばPCで楽しむ事が出来るので、そちらで処理した。まあ、約1時間半モニターを見ながら昔の彼のギタープレーを楽しんだ。彼は一応ジャンル分けするとジャズギタリストまたはフュージョンの部類だが、ロックを弾かせても素晴らしい、彼のギターを弾く指に注目して見ていて気が付いたのだが、すごく小指を使ってる事だ。おそらくクラシックギターを習っていて、基礎が叩き込まれてる印象を受けた。普通のロック、ジャズのギタリストも小指は使うが、彼のように器用に動かないし、チョーキングは主に人差し指か中指で行うが、彼は小指でも難なく行う、だから独特なフレーズも可能なのだろう。髪の毛は薄くなったが、もちろん今でも第一線で活躍している尊敬するギタリストの一人だ。

リー・リトナー Wesbound 
2017.04.19 Wed l 音楽 l コメント (2) l top
IMG_6533.jpg
自宅前の遅咲きの「八重桜」がほぼ満開になった。例年4/15あたりに満開になるので、4~5日遅れたのかな?まあ、今年も咲いてくれて素直に嬉しい、出来ればこの桜の下で昼間っからバーベキューでもして、ビールでも飲みたいが、車に乗らなければならないので、それもちょっと無理かな・・・照明装置でもあれば、テーブルとチェアを持っていって一杯やりたいが、あいにく夜は真っ暗になってしまうので鑑賞は出来ない・・・部屋で桜を想像しながらビールでも飲もう(笑)
2017.04.18 Tue l 日記 l コメント (0) l top
119c0_9_5e3ab784_8e83f18b.jpg
HONDAの50ccのバイク「モンキー」生誕50周年で生産終了するそうだ。なんでも今年9月の排ガス規制に対する開発コストが高くてやむなく決定したそうだ。俺も昔このバイクが欲しくてたまらなかった。とても小さくて可愛く、他にもデザインが似た「ゴリラ」もあるが、そちらはもうすでに生産終了?しているのかな・・・とにかく今でもマジで欲しいバイクだ。値段はグレイドによって多少違うと思うが新車で約30万円ぐらいだそうだ。まあ、プレミアがついて、なかなか難しいと思うが、将来中古で安く手に入るようなら買ってしまうだろう・・・中年のオヤジがこれに乗るって・・・ちょっと粋じゃない(笑)
2017.04.17 Mon l 日記 l コメント (0) l top
main_peperonchi-no.png
今日は春らしく、さわやかに暖かい日で気持ちが良かった。午前中は買い物に行き、給油をしてきた。帰宅するとすぐ、義理の母親が遊びに来て、お茶飲みがてら、昼食もうちで食べていき、その後、俺はお袋の所に差し入れを持って、施設に面会に行ってきた。

上の画像は先日スーパーで見かけ買っておいた、「ペヤング・ペペロンチーノ風」を先日食べてみた。さすがはペヤング、それなりに美味しい、点数をつけるとすると80点ぐらいかな・・・十分及第点である。ただ約3分で食べられて手軽と言えば手軽だが、俺ならちょっと時間はかかるが、パスタを電子レンジでチンして、市販されてるペペロンチーノ・ソースをかけて食べる方がはるかに美味しいし、満足する。まあ、手軽に短時間でペペロンチーノ風なものを食べたい時はこれはこれでありであるが・・・
2017.04.16 Sun l 食べ物 l コメント (0) l top
250573995-1431119091_l.jpg
俺が初めて人前でギターの弾き語りをしたのが、母校の文化祭の時だった。なにしろ観客がおよそ200人ぐらいいたので、ステージに上がる前は緊張していて、心臓はバクバクもんで、足が震えてたのを覚えている。初めて演奏した曲が小椋佳 Wikipedia(写真は病気をする前で当時のもの)の作品で
さらば青春だった。まあ、曲その物も素晴らしいが、コード進行が割と押さえるのが簡単な「G」「Em」「Am」「D7」のほぼ繰り返しなのだ(笑)とにかく、演奏はおそらくひどいものだったと思うが、拍手をもらった時は素直に嬉しかった。偉そうに聞こえると思うが、ミュージシャンの気持ちが少しわかったような気がしたのだ。こういう体験はで買えないものだ。現在も小椋佳が現役で活躍している事がとても嬉しい今日この頃だ。。。
小椋佳 さらば青春
2017.04.15 Sat l 音楽 l コメント (0) l top
tsumi_syougi_oute.png
俺の友人で将棋の有段者がいるが、そいつがいつも口にしている事、将棋は定石 Wikipediaを習得しなければ、勝負にならないと言う事だ。試合開始で、もし一手でも定石を間違えると、そこから崩されて負けてしまう。ビギナーズラックなどありえない、有段者たちの本当の勝負は駒同士がぶつかってからだ。要するにプロにせよ、アマチュアにしろ序盤は駒の進め方は相手がどう出るかでほぼ100%決まっている。
麻雀の場合はどうだろう?はっきり言って、あるにはあるが、その時の自分の置かれた状態、親なのか、子なのか、東場、南場の何局目で何順目なのか、順位はどうなのか、その日の運はどうなのか、他の3人の様子はどうなのか、ドラがなんなのかで、常に変化する、これが将棋と大きな違い、その置かれた局面で直感的に判断するのだ、直感的とは言っても、冷静に状況判断をして俺的に最善手を打っているつもりである。それでも上がれる事もあれば、上がれない時もある。仮に捨てる牌を間違ったとしても、上がれる時は上がれてしまう。ただ「確率」や「運」「定石」を無視してはいけない、その積み重ねで直感力が生まれ、トータルで勝つ事が出来るのである。
2017.04.15 Sat l 麻雀 l コメント (0) l top
img_201603_01.jpg
NHKの番組で尾崎裕哉 Wikipediaの番組があった。見ようか見まいか迷ったが、なんとなく見てしまった。何しろ俺のブログでも書いた、あの尾崎豊の息子だからである。
彼もミュージシャンで、父親の曲を唄っていて、声がそっくりで話題になったが、その素顔は俺はよく知らなかった。失礼な話、二番煎じみたいに唄ってる彼に対して少なからず、嫌悪感をもっていた。でもインタビューで素直に自分の気持ちを語った姿は、とても好感がもてる青年だった。父親が26歳で亡くなり、息子はその年を越え27歳になった気持ちをぶつけた27 尾崎裕哉 You Tubeという曲は素晴らしい出来だ。ここまでくるのに父親があまりにも偉大なミュージシャンだった為の葛藤が感じられる。二世の宿命だろう。でもこの曲を聴いて、尾崎豊の息子のレッテルを覆し、
尾崎豊が尾崎裕哉の父親となるような可能性を感じた。もっともっと良い曲を作り、尾崎豊みたいに生き急ぐのではなく、じっくり構え焦らずに活動を続ける事が出来れば、きっと彼は父親を越えられるような気がしてきた・・・というより・・・超えて欲しいと思うのだ。父親が出せななかった新たなスタイルを達成して欲しいのだ。まだまだ彼には時間があるので、俺はすごく期待している。
2017.04.14 Fri l 音楽 l コメント (0) l top
dai.jpg
娘と女房用にテレビのレコーダーはあるが、俺専用のはなかったのだが、先日、リサイクルショップで安く購入して、見たい番組をHDDに録画して見られるようになった。これなら映画を好きな時間に見る事が出来る。映画館だと約2時間座ってなくてはならなく、トイレも出来るだけ我慢しなければならないので、まあ、流石に映画館みたいに大画面で迫力は出せないが、テレビでも十分楽しめる。そんな訳で、先日放送した「ダイ・ハード4.0」をとりあえず録って置いて、昨晩、酒を飲みながらゆったりと見た。1作と2作目は見たが、その他の作品は見てなかったが、正直すげ~面白かった。やっぱりこのシリーズはアクションシーンが凄い!内容も文句なく良いし、ブルース・ウイルスの演技が光ってた。現在PCは生活にはとても便利で、官庁、銀行、あらゆる公共機関や軍事的、ライフラインにも、なくてはならない存在になったが、一歩使い方を間違えると大変な事になる。この映画は、そんなPCに
依存する
人類に対する警告だと感じた。
2017.04.13 Thu l 日記 l コメント (0) l top
IMG_6529.jpg
「吾妻公園」でチューリップ祭りが開かれてると聞いて、用事ついでに、ほんのちょっとだけ覗いてみた。どこかの幼稚園児?保育園児?かはわからないが、写生したり、記念写真撮ったり、楽しそうに過ごしていた。ちょうど桜も咲いていて、まるで「チューリップ」と「桜」の「競演」みたいだ。毎年、見に来ているが、同時に咲いているところを見るのは初めてだと思う。桜の開花が遅れたのが原因かな?とにかく覗いてみて良かった。
PICT0505 (1)
同じ「吾妻公園」で20数年前に娘を連れてって行った時に撮った1枚
IMG_6531.jpg
城山(柄杓山)も桜が満開になっていた。
2017.04.12 Wed l 日記 l コメント (0) l top
IMG_20161213_0009.jpg
確か、俺が23~24歳の時、友人らと千葉方面に遊びに行った時の写真、バックの海は太平洋だ。とても天気が良くて、海をバックに記念撮影したものだ。俺のかけてる
サングラスは「浜田省吾」が、昔も今も愛用しているレイバンで、当時も今も高価だが、この時も、無理して買ったものである。その数年後、度入りのものを買ったが、二つ共紛失してしまった。時代と共に新商品が出るが、写真のモデルでも、現在入手可能だと思う。それ程、人気のモデルで、まあ、レイバンの中でもスタンダードのひとつであろう。
2017.04.12 Wed l 思い出 l コメント (0) l top
PICT0253 (3)
先日、俺がブログに書いた象のイズミちゃんの姿が、古い写真の中で、1枚だけあった。右上におそらく後向きの姿で写ってるのがイズミちゃんである。俺が小学校の頃、体全体を写したものをもっていたが、今はもう紛失してしまった。これを写したのは、もう約20年前の写真で、女房の前に、息子、娘は象の方に向かって階段の隅を登ってる。撮影者は俺だ。まあ、いつもとりあえずイズミちゃんを見てから、下の広場に降りて、ひと休みすると言うのが定番だった。最近はほとんど行かなくなったが、たまには猿やキリンの子供が生まれたらしいので、足を運んでみたいと思う。
2017.04.11 Tue l 思い出 l コメント (0) l top
as1.jpg
今朝、テレビをボーっと見ていたら、「スッキリ!!」でゲストになんと!あのアメリカのビッググループエアロスミスのボーカリストのスティーブン・タイラー(写真中央サングラスをかけてる)がゲストに現れ、トークの後、アコースティックギターのみで1曲歌ってくれた。なんでも今回の来日はソロ活動の為らしい、「エアロスミス」は俺が高校1年の頃、(40年以上前)友人に誘われ前橋市に見に行った事がある。俺にとって、いわゆる(外タレ)の初めてのコンサートだった。この頃はまだそれほど有名なバンドではなかったので、チケットは簡単に取れた。会場は薄汚い体育館で行なわれ、そんなに期待はしてなかったが、もう始まった瞬間から、ものすごい音量に圧倒され、彼らのステージパフォーマンスに感動し、あっと言う間の2時間半だった。終わった直後は言葉を失うくらい茫然としていた。正直耳の奥がキーンと音がしてて、一時的に難聴になっていたのだ。それ程までにステージは凄かった。これ以降彼らの大ファンになり、本場アメリカでも圧倒的な支持を受け、世界的ビックバンドの地位に着いた。なんでも群馬のファンの間では、「あの体育館のコンサートを見た事がある人達が羨ましい」と言う伝説があると言うのだ。そう、俺はあの若き日の彼らの姿を生で体験したのだ。(これ自慢)コンサートだけでなく、映画のサウンドトラックも担当しているアルマゲドンが有名だI Don't Want to Miss a Thing がすごく良い、あえてバラードっていうのが意外だった。ちなみに、映画に出演してるリブ・タイラーは彼の娘さんである。とにかく彼もメンバー達も年を取ったが、いつまでも活躍して欲しいグループだ。
2017.04.10 Mon l 音楽 l コメント (0) l top
main_seabura.png
先日、スーパーで見かけた背脂・MAXをさっそく試してみた。文句なく美味しい、ただ、価格が4~50円高いのが難点かな、値段が同じなら、定期的にストックして置くだろう。味は汁のないラーメンの油そばに似ている味だ。なんとかレギュラーの「ソースやきそば」の値段にしてもらえれば、バリエーションも増えるのに残念だ。点数をつけると80点かな・・・もちろん味は及第点だが、ネックは値段だな・・・
2017.04.09 Sun l 食べ物 l コメント (0) l top

IMG_6511.jpg

IMG_6512.jpg
昨日、太田市に用事があった帰りに、曇だった天気が晴れになった事と、明日が土曜日で混雑するので、一応、桐生市では有名な桜の名所を回って撮影してきた。まずは桐生市役所の前の桜、下の写真の奥に市民文化会館のシルクホールの一端が見える。
IMG_6518.jpg

IMG_6521.jpg
定番の運動公園の桜、下の写真に桐生球場の照明塔が見える。
IMG_6515.jpg
最後に新桐生市駅前の桜並木、ノロノロ運転しながら道路上で撮影、危険なので焦って適当にシャッターを切った。
もちろん頭の中のメロディーは「福山雅治」の「桜坂」だが森山直太朗 さくらも良い歌だね・・・やっぱり桜は綺麗だ。
(すべて先日、中古で購入したIXY DIGITALで撮影)
2017.04.08 Sat l 日記 l コメント (0) l top
hanami_zou.png
今日の新聞で桐生が岡動物園の象の「イズミちゃん」が昨日、死んだ事を知った。これはかなりショックである。確か、日本中でも屈指の
長寿の象だと思う。なにしろ俺が物心ついた時から人気があった。休日には市外からの来園者がたくさん来る。それもリピターが多いので、近くに臨時駐車場を設けて交通整理のおじさん達まで出動してくるのである。今の桜の時期や、紅葉の時期などはすごく混雑する。まあ、隣接にある、遊園地も入場無料(乗り物は有料)も安くて一日中遊べる場所だ。うちの子供達も数え切れない程遊びに行った。
私達を楽しませてくれて、本当にご苦労様でした。安らかにお眠り下さい・・・
2017.04.07 Fri l 日記 l コメント (0) l top
41kA6NtpLqL__SX346_BO1,204,203,200_
2_m.jpg
先日、スタッドレス・タイヤをノーマル・タイヤに交換してもらってる時、ディーラーの待合室で、ふと、ある本に目が行き、読み始めた。それはテレビでも有名な茂木健一郎 Wikipediaが翻訳したものだった。わずか数ページでその内容に引き込まれ、小一時間ぐらい読んでみたが、最後まで読んでみたいと思い、タイトルをメモして、後日、図書館で借りてきた。ただ単に翻訳したのではなく、彼本人の意見も補足として書いているので、とても分かりやすくて、あっと言う間に読んでしまった。
1.ネガティブ思考の大掃除をする
2.プラス思考で脳にポジティブな回路を作る
3.何事にも愛情表現を忘れない
4.全身の細胞から健康になる
5.瞑想などで脳を「人智を超えた大いなる力」につなげる
6.目標を持ち脳に眠る才能を開拓する
7.付き合う人を選んで脳にいい刺激を与える
(本から引用)
簡単に言えば、この7つの事柄についての説明みたいなもので、脳のメカニズムが、すごく参考になった。今度は彼本人が書いた本を是非、読んでみたいと思った。
2017.04.06 Thu l 日記 l コメント (0) l top
kagawa
今日、フォーク歌手の加川良さんが亡くなった。俺はもちろん彼の名前は中学の頃から知っているが、彼の作品に直接触れたのは、高校になってから、吉田拓郎の
元気です。のアルバムの「加川良の手紙」という曲で聴いたのが印象に残っている。
記憶は定かではないが、その頃、「加川良」本人のレコードを借りて、ダビングして聴いていたような気がする。たしか「ほんわか」した歌声だったような気がするが・・・派手なミュージシャンではなかっったけど・・・昔のオールド・ファンはたくさんいると思う。。。合掌
2017.04.05 Wed l 音楽 l コメント (0) l top
hawaii_maunakea.png
今朝、午前4時頃、息子が都内のバイトがあるので、足利市駅に送りにいく時、ふと夜空を見上げたら、おそらく北西方向?に鮮やかな「北斗七星」が見えた。こんなに綺麗な星は何年ぶりなのか・・・もう、忘れるぐらい遠い昔のような気がする・・・現在、俺の住んでるところは桐生市の中では田舎だから、周りが真っ暗なので見る事が出来たのだ。以前、住んでいたところは街中で、夜でも比較的明るい為、星が見にくかった。出発前、しばらく息子と夜空を見ていた・・・(笑)
夜空ノムコウ SMAP
2017.04.04 Tue l 日記 l コメント (1) l top
DkkypRl2.jpg
俺はあまりテレビドラマは見ないが、佐藤浩市が主演だと言うのでLEADERS Ⅱを娘にHDDに録画依頼し、DVDに焼いてもらって、昨日、空いた時間に見た。まず感じた事は、テレビドラマにしては、かなり時代風景のセットなど等に凝っていて、映画並みに、かなりのコストをかけた作品だと思う。今はもう「三國連太郎」の息子と言うよりも、「佐藤浩市」という別の俳優に成長したと思うし、感動した演技だった。2時間半があっと言う間で、非常に楽しめた作品であった。
俺はこの作品を見ながら、ある曲が頭に浮かんだ「浜田省吾」の「君が人生の時」という曲だ。30年以上前の曲だが、この歌にどんなに俺が若い頃、勇気付けられたか・・・彼が言うには「君」と言うのは恋人でもあるし、自分でもあるし、オーディエンスでもあるし、仕事でもあるし、友人でもあるし・・・人それぞれの解釈で聴いて欲しいと言っていた。このドラマ場合、純国産の小型車であったと思う。You Tubeで検索したけど、彼のオリジナルのものはソニー・エンターテイメント側から規制がかかっていて、アマチュアのカバー版しか入手出来なかったが、その中でも上手く歌ってる人のを紹介する。
君が人生の時 カバー
2017.04.03 Mon l 日記 l コメント (0) l top
100-0042_IMG.jpg
俺が中学の頃、両親から無理して買ってもらったNikomat FTN 、当時で5万円ぐらいしたので非常に高価なものだった。子供が生まれてからも使用していて、今でもボタン電池を入れると露出計が作動するので、なんだかんだ40年以上前のものだが、十分撮影可能だ。

100-0041_IMG.jpg
これは、子供を撮る為に約25年前に、高崎のビッグ・カメラで購入した。キャノンのEOSのKissだ。純正のズームレンズ2本と三脚、バッグがセットで10万円ぐらいだったかな・・・このカメラはすごく活躍した。300㎜のズームでAFだったので、特に近くに寄れない運動会は、これで撮らないといいシーンは撮れないのだ。もうそんなフィルムカメラはすっかり役目を終え、デジカメやスマホのカメラに移行してしまったが、こんなフィルムカメラでも売却は出来るが、クズみたいな買取価格だ。思い出のつまったものなので、もったいなくてどうしても処分が出来ない、多分、一生手放さないだろう(笑)気が向いたら電池さえ入れれば、両方使用可能なので、また撮ってみたい気もする。事実、コストはかかるが、フィルムカメラで撮影してるファンは以外に多いのだ。
2017.04.02 Sun l 思い出 l コメント (0) l top
fukuyama-masaharu-3.jpg
確か、俺が30代の頃・・・当時、部下だった女性のKちゃんが「私がこの世で一番好きな男性は福山雅治だ」って、いつも言っていた。
誰?福山雅治?正直思ったが、すぐにミュージシャンだって事がわかった。まあ、そんなカッコイイ奴がいるのか?ぐらいにしか思ってなかったが、彼女がよくカラオケで彼の曲を歌うので、嫌でも彼の作品に触れる事になる訳だが・・・顔がカッコイイくせにけっこういい曲書く奴だな、ぐらいにしか思っていなかった。それから数年が経ち、ラジオである曲にものすげ~感動した。それが桜坂だった。正直、鳥肌が立ったのだ。それ以来、毎年桜を見る度にこの曲が頭の中をぐるぐる回るのだ。もうその頃には、彼は俳優としてもラジオのパーソナリティーとしても、そして写真家としても有名になっていた。最近、彼が結婚したせいで、人気が落ちたって聞いているけど、彼の原点はミュージシャンになる為に長崎から上京したのであって、音楽だけで十分やっていける実力はもうあるし、男性ファンもこれからも追い続けるであろう。だから全然気にしなくて好きな事を活動していれば、結果は後からついてきてくれる人物である。俺は彼の今後の活動に期待を寄せている。
福山雅治 桜坂
2017.04.01 Sat l 音楽 l コメント (0) l top