FC2ブログ
5196PV9YBCL.jpg

俺が社会人になってすぐ、ロック好きな同僚の女の子に強く薦められ、
借りたのがスティックス Wikipedia参照のアルバムパラダイス・シアターだった。
ちょっとジャケットが意味ありげだったので、とりあえず聴いてみようと思った。あまり期待せずに、ターンテーブルにレコード乗せ、付属のライナーノーツを見ながら聴いていった。なんでも、このグループ初の1981年アルバム全米ナンバーワンを獲ったらしい・・・このアルバムにはストーリーがあって、簡単に説明すると、繁栄してたシアターが年月を経て閉店してしまうのだ。裏のジャケットには閑散としてボロボロになったシアターが描かれている。
例えるならば、ビートルズのアビーロードのB面に似ている。曲と曲の間が短く、コンセプトに沿って曲が配置されてて、切れ目がほとんどなく、計算されつくしたサウンドが一気にラストまで続く・・・それも素晴らしい楽曲がロックのリズムに乗って次々登場する、基本はハードロックに近いが、バラードもあれば、ポップ調もあり、あまりにも多彩な曲作りに感銘をうけ、今風に言うと「このアルバム凄くね~」って感じで・・・テープにもコピーしたが、レコードも買ってしまったし、時が経ちCD化されたがそれも買った。間違いなくロック史上に残る名盤だ。未だに聴いてるファンは多いし、若い人にもぜひ聴いて欲しいアルバムだ。特にトミー・ショウのギターやメンバーのコーラスはアメイジングだ。YouTubeでフルは聴く事は出来ないがトップの2曲は聴く事が出来る。。。興味のある方は聴いてみて頂戴(笑)


1928年(パラダイス・シアター・オープン) ロッキン・ザ・パラダイス YouTube
スポンサーサイト
2018.04.24 Tue l 音楽 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿