FC2ブログ
268x0w.jpg

昨晩、酒を飲みながら浜田省吾の昔のアルバムマインド・スクリーン Wikipedia参照を久々に聴いた。
このレコードが初めて彼の音楽に触れた、俺にとってはメモリアル的な作品だ。
大学3年の時、某都内の駅前の小さなレコード屋の片隅で、なんで買ってしまったのか忘れたが、おそらくジャケット写真が気に入り、つい手が伸びたんだと思う。
まあ、大げさに言えば運命的な出会いかな・・・
何しろそれ以来、彼の作品を40年近くも聴き続けるなんて、当時は想像もできなかった。後で知ったんだけど、今では彼は数千万枚のセールスを記録してるビッグ・アーティストだが、このアルバムは、たったの8000枚しか売れなかったらしい(笑)
完全に商業的には失敗だよね・・・
でも俺はこれは売れると信じてた。
だって、今までにない、ポップなメロディーで、とにかく彼のボーカルは最高に素晴らしかった。
その後、デビュー当時からのアルバムをすべて買ってきて聴きこんだ。どう考えても売れない、理由がわからない?!
まあ、シリアスで暗いと言うイメージは多少はあったかな"(-""-)"
その後の事を話すと長いけど・・・地道にライブ活動を大切にしてきた賜物なのか、テレビドラマの主題歌になったのが大きいのか・・・
とにかく、俺にとって、出会った当初から必然的に売れて当たり前だと思ってた。やっと世間が彼の音楽の良さがわかってきたんだと思う。今年の12月29日で66歳になるが、これからもバリバリの現役で頑張って欲しいな・・・

マインド・スクリーンのオープニング曲、浜省のオリジナルではないが、アマチュア・バンドだけど、なかなかいい味を出してるので紹介しようと思う。
子午線 YouTube カバー
スポンサーサイト
2018.07.12 Thu l 浜田省吾 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿