FC2ブログ
IMG_20180726_0001.jpg

今朝の読売新聞の一面編集手帳に上記のような文章が掲載されてた。
先ごろ国会で成立したカジノ法の評判が「評価しない」と答えた人が62%にのぼった。まあ、ある側面、国内外の人たちが訪れ、お金を落としてくれる事はありがたいが、依存症の問題やら、まだまだ懸念される材料はいくらでもあるのは事実だ。

23007001443.jpg

この文章の中で阿佐田哲也 (色川武大)(写真上)の名前が出てきたのが懐かしい・・・何故かと言うと・・・
大学時代、阿佐田哲也の麻雀放浪記シリーズを愛読してたからだ。なんと言っても、ペンネームの由来が、麻雀で徹夜を繰り返し「朝だ!徹夜だ!」から取ったと言う冗談みたいな話は有名だ。本名の色川武大では主に純文学を執筆し、ギャンブル関係は阿佐田哲也のペンネームを持つ異色の存在だった。まあ、色川の作品も何冊か読んだが、阿佐田の方が親近感があり、圧倒的に多くの作品を読んだ。

t01890267_0189026713555428564.jpg

麻雀放浪記は1984年、映画化もされた。劇場には見に行かなかったが、ビデオでみた。
ポスターはカラーだが作品はモノクロ映画だ。主な出演者に、真田広之, 大竹しのぶ, 鹿賀丈史, 名古屋章らがいる。麻雀好きはストーリーの内容がわかるけど、一般的にはヒットは難しいと思ったが、けっこう多くの人が見たらしい・・・
スポンサーサイト
2018.07.26 Thu l 麻雀 l コメント (2) l top

コメント

No title
麻雀放浪記、面白かったですね。
私は出目徳役の高品格さんが好きでした。

「おや~?天和だ。またあがってら~」
あのセリフ、何回みても痺れました(笑い

今でも毎日1回は
ネット麻雀やらないと気が済まないココ助。

息子たちがまだ幼かった頃
将来は麻雀打ちに育ててやろうと悪戦苦闘しましたが
彼らが夢中になったのはコミック誌に連載されていた
阿佐田哲也を描いた「ぼうや哲」でした。
ちょっとガッカリ・・・

2018.07.28 Sat l ココ助. URL l 編集
No title
ココ助さんへ

高品格さん、ですか・・・渋い演技でしたね・・・
だいぶ長い間私は麻雀をやっていましたが、天和は上がったことはないですな・・・

「ツモリ四暗刻」「大三元」「国士無双」「数え役満」
この四つしか役満を上がったことがないですね・・・

阿佐田哲也氏って凄く優しくて、人がいいんですよね、確か一人っ子で、幼い頃から、すごく両親に可愛がってもらったおかげで、まともな小説家になれたっていってましたよ・・・小さい頃から愛されなかったらアウトローの世界で野垂れ死んでたって、晩年言ってました。いまさらながら親の愛情って大切なんですよね・・・
2018.07.28 Sat l ROAD&SKY. URL l 編集

コメントの投稿