FC2ブログ
medical_ikamera_kuchi.png
約20年前、俺は仕事のストレスで十二指腸潰瘍で2週間入院した。初めて内視鏡をする時は凄く緊張したが、「ゴックンしてください」と言われチューブを飲み込んだら、思った以上に楽ちんで2回目からは何とも思わなくなった。女房は吐き気がして絶対したくないと言う。そりゃ~異物が胃の中や十二指腸まで入り込んでくるのだから快適とは言えないが、俺は全然平気だ。バリウムを飲む検査もあるが、素人判断だが、よっぽどバリウムを飲む検査より、内視鏡の方が直接患部が確認できるのでベターだと思うのだが・・・
その後、俺はどうやら胃炎もあるそうで、検査の結果ピロリ菌を保持してたそうで、この菌は癌の原因になる厄介な菌なので除菌を薦められた。まあ、薬を一定期間規則正しく飲むだけでOK・・・
それ以来、よく襲う腹痛はまったく無くなった。今では当たり前だが、当時は画期的な治療法だったらしい・・・
スポンサーサイト
2018.10.05 Fri l 思い出 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿