FC2ブログ
AS20180706004709_commL.jpg

先日、拘束から解放されたジャーナリストの安田純平 Wikipedia参照
自己責任論で今世間は賛否両論の意見で真っ二つに分かれているが・・・
あくまで俺個人の考えだが、まずは「生きて帰れて良かった。おめでとう!」と言いたい・・・しかし、彼はまずは日本政府に謝罪しなければならない、「行ってはいけない」と警告を受けたのに勝手にシリアに入り、拘束されてしまったのだから・・・その事でどれだけの人達が動き、国家間の問題にもなったし、マジで殺害されても文句を言えない立場だった。
だから俺は彼を英雄だとは思わない!まあ、でも最前線での情報やどのように拘束されたのか、日本や世界にとって有益な情報ももたらしてるのも事実だ。
とにかくジャーナリズムのあり方を根本的に考え直さなければいけないと感じたのである。
スポンサーサイト
2018.10.28 Sun l 日記 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿