FC2ブログ
81EUu6WY5LL__SY445_.jpg

先日、地上波で初放映された映画関ケ原の録画を見た。石田三成役が岡田准一徳川家康役が役所広司だ。ストーリーの内容は豊臣秀吉の死から天下分け目の関ヶ原の戦いに至るまでの過程を描いた司馬遼太郎原作の歴史小説『関ヶ原』の映画化作品。石田三成側に立っての表現なので主役はあくまで三成だ。まあ、合戦シーン他なかなかお金はかけてると思うが、思ったほど面白くなかった。時代背景を忠実に表現しているらしく、
セリフが早口で何を言ってるのか理解できないのだ。しかしながら岡田准一、役所広司の演技は流石に素晴らしかったな・・・
スポンサーサイト



2019.06.07 Fri l 日記 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿