FC2ブログ
room.png
朝から、大学時代から大好きな浜田省吾のYou Tube画像を見ながら、昔の出来事を思い出していた。二十歳頃、俺は家賃一万八千円の風呂無し、共同便所のアパートに住みながら、大学へ通学していた。まあ、親から仕送りはしてもらっていたが、すごく貧しいとかは感じた事はなかったが、やはりお金は足りなかった。バイトもしたが、体育系の部活に所属してたんで、限られた時間しか出来なかった。それよりも、全国から集まってきた友人達と出会い、いろいろ将来の夢の事や、今流行の音楽や、それぞれの地方の生活文化の違い、ありとあらゆる物事を本音で話せて、時には議論になったりしたが、そういう経験は金では得られない一生の財産だと思っている。麻雀やパチンコやコンパなど、遊んでばかりいて、あまり勉強はしなかったが、それだけでも大学に行った価値はあると思う。あれから約40年が過ぎようとしているが、その当時の友人達と、今でも連絡を取り合い、時には遠路はるばる群馬まで来てくれて、昨年は飲み会も出来た。何時間あっても足りないぐらい、昔の思い出話は尽きなかった。もちろん金は大切だが・・・金で買えないものをこれからも大事にして行きたいと思う。
浜田省吾 19のままさ
スポンサーサイト
2017.02.18 Sat l 思い出 l コメント (2) l top

コメント

おはようございます🎶
大学に行けるだけでもお幸せですね。
私も仕送りした貰いながら、狭い部屋での寮生活でした。
皆がそうでしたから、辛いと感じることもなく、
それなりに楽しみはありました。

昔を思い出すのは老いた証拠でしょうか?
いえいえ、ROAD&SKYさんは、まだまだこれからですね。
2017.02.19 Sun l kanmo. URL l 編集
kanmoさんへ
コメントどうもありがとうございます。
確かに大学に行けただけ幸せでした。

まあ、これから子供たちが独り立ちしてくれれば、私の役目も一段落です。毎日とは言いませんが、たま~に美味しいお酒を飲める健康状態をキープしたいですな(笑)

追伸

コメント大歓迎ですので、何か感じる事があれば遠慮なしに書き込んで下さい( ^ω^)・・・
2017.02.19 Sun l ROAD&SKY. URL l 編集

コメントの投稿