sweets_daifuku_ichigo.png
今でこそ、「いちご大福」はポピュラーな甘いスイーツだが、俺が20代の頃は、存在自体を知っていても、なかなか手に入らなくて、俺も存在は知っていたが、食べた事はなく、だいたい、甘い大福の餡子の中に酸味がある「いちご」が入ったものなんて、とてもミスマッチな食べ物だと思っていたんだが、栃木県佐野市の取引先ドライバーが、事務所の方達にと「おみあげ」で買ってきてくれたのが佐野市内でも有名な扇屋の「いちご大福」だった。これを頂いて食べたのが初めてだった。まあ、あまり期待を持たず食べたのだが、大福の「餅」と、「餡子」と「いちご」の抜群の相性に感動してしまい、思わずうめ~っと叫んでしまった(笑)それ以来ここの「いちご大福」の大ファンになり、休日に車を約1時間かけて、開店時間に合わせて何回も買いに行った。はやく行かないと、いちご(とちおとめ)のシーズン中は、すぐ売り切れてしまい、買う事が出来ないぐらいの人気商品なのだ。今は「いちご」のシーズン中は、どこでも比較的簡単に買う事が出来きて、いろいろなお店のものを食べてみたが、やはり「扇屋」のものが一番おいしい、今はそこまでして買いに行くエネルギーも気力もなくなってしまったが、機会があったらまた食べてみたい一品だ。
スポンサーサイト
2017.07.12 Wed l 食べ物 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿