記事一覧

麻雀⑦

8833824.jpg
久々に麻雀の話をしようと思う。将棋でも対局が終わると大抵は勝者、敗者の間で反省会をする。麻雀も同じで、4人で今日のゲームの流れを振り返るのだ。あの一手は、このような手牌で、このような状況だったので、危険だけど、勝負するしかなかったとか、相手に対して自分の意見や感想などを聞く、貴重な時間だ。この反省会が麻雀の個々のレベルを確実に上げていくのだ。ゲームが終わったからって、すぐ解散するメンバーは俺の経験上あまり強くはない人が多い、特に勝負所の駆け引きは、人それぞれ打ち方のスタイルがあって、それが個性になって、運の流れや、直観力、五感を総動員して行うものであり、そこが麻雀の醍醐味である。ゲーム中は以前から何回も言っているが卓上の戦争なので淡々と打ち、手の内など他の3人には決してわからないようにしているけど、ゲームが終われば、ノーサイドなのだ。反省会で自分の手の内を明かしても一向にかまわないのだ。だって後日、それを逆手に取って出来るゲームだから、そんな事はみんな承知の上の話だ。まあ、また、あのひとときを過ごしたいなあ~(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント