matuyama.jpg
昨日のニュースで粋な計らいをした松山千春、混雑して離陸が遅れた機内の乗客の為に自身の代表曲大空と大地の中で

を機内のアナウンス・マイクで披露した。神対応 松山千春 YouTube(参照)昔から知ってる俺からすると「彼らしい行動だなあ~」と思った。彼には若い頃から、なんて言うか、古い言葉で言うと「義理人情」を大切にするみたいなところがあった。ここ群馬県だって昔から「上毛かるた」にも唄ってる「雷と空っ風、義理人情」という言葉があり、上州人にもこう言った気質があるのだ。まあ、彼はファンから「ち~様」と言われて、未だに熱狂的なファンがたくさんいる。俺自身も尊敬するミュージシャンのひとりだ。
スポンサーサイト
2017.08.22 Tue l 音楽 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿